旗竿地変形地に家注文二世帯住宅を建てる相談会

旗竿地だから安く建てられる?

旗竿地、変形地で、注文住宅や二世帯住宅をお考えのとき、候補の土地を見たときに、希望の家が建つのか不安に思ったかもしれません。もちろん周囲の土地の価格から較べると値段が安く、総額を抑えた家づくりになるので魅力的です。

旗竿地とは

敷地の道路に接している出入口部分が通路状になっていて、その奥に家が建てられる部分がある敷地の形を、竿(棒)にくくり付けられた旗のような形になっているので「旗竿地」と呼んでいます。

杉並の旗竿地ロフト付賃貸木造アパート-配置図

旗竿地のデメリット

一般的にこの旗竿地は、短所が多いと思われがちです。

  • 竿の通路部分が狭くて家が建てられなかったり、乗用車も止められない場合もある。
  • 敷地の周囲を隣地に囲われていて、景色や採光もしくは通風が不十分になる場合がある。

旗竿地の注意

また短所ではありませんが、注意しておく点があります。

  • 通路部分が狭いので、建物構造部材や資材の搬出入において、重機や機械の出入りが出来なくて利用出来ず、人力によって行わなければならなくなり、工事金額の割増しがあること。
  • 通路部分の幅員は最低限2m以上確保出来ないと、新しく家を建てることが出来ないことがあるので、購入前に必ず専門家による確認が必要な土地がある。

旗竿地のメリット

逆に上記のような内容をしっかり理解をしていれば、長所もあります。間取りプランを良く考えて設計すれば家族にとって相応しい家が実現が出来ると思います。

  • 整形地と較べて価格が安いので、その分建物にお金が掛けられる。
  • 自動車の往来する道路からは離れるので、自動車の騒音が少ない場合が多い。
  • 道路からは敷地の中が見えない場合が多いので、往来の視線が気にならず、外壁への配慮も安くすることが可能。

購入する前に確認

注意点や短所および長所を良く理解した上で、家族の希望が見合うのであれば、旗竿地は決して不利な土地ではないと考えます。

土地の購入の前に頼れる専門家と相談確認をして(この場合は間取りプランを実際に考えた方がより確かでしょう)、ご購入を検討すれば間違いのない家づくりが出来ると思います。

space-white

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ