公衆浴場温浴施設の届出許可申請−東京岩盤浴店舗

公衆浴場の許可

岩盤浴店舗は法律上、建築基準法では「公衆浴場」になります。このため新たに公衆浴場を開店するには、

  1. 建築基準法の用途変更確認申請
  2. 消防法の一般建築物とは扱いが異なる「適合法令通知」
  3. 保健所の「公衆浴場営業許可」

の三位一体の許認可が必要です。

東京岩盤浴温浴施設店舗「鷹乃家」

東京岩盤浴温浴施設店舗「鷹乃家」

既存建物の用途変更

新しく建物から造って店舗施設を開店する場合は、規制基準に従って設計を行えば良いのですが、既存建物の空きテナント部分に開店する場合は、建築基準法の「用途変更」に係わる確認事項が、新たに造る浴場に求められる構造や避難設備が適合するかが問題になります。

既存建物の完成年が古く、耐震基準や耐荷重を充たしていない場合や、避難階段や通路などが必要基準を充たしていないと、許可を受けての開店が困難になります。消防法の適合基準や、保健所の営業許可基準も詳細に定めがあり、全てクリアしなければなりません。

建物用途や規模によっては、どなたでも利用しやすい施設にするように、各自治体により条例が付加する場合もありますので、注意が必要です。

→「お客様の声」が掲載されています

space-white

下記の一覧は建築申請や手続きに係わる実績説明記事のリンクです。どうぞ参考にして下さい。

space-white

関連解説記事リンク—用途変更など申請手続き—

合わせて読みたい関連解説記事

東京岩盤浴温浴施設店舗「鷹乃家」

和風住宅・和風店舗

設計実績

東京煎餅和菓子店舗「味億本舗」

東京白山「鮨 辰巳」

東京岩盤浴温浴施設店舗「鷹乃家」

「東京千駄木の和風3階建て住宅」

「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅」

商業店舗・飲食店・販売店・温浴施設

設計実績

東京岩盤浴温浴施設店舗「鷹乃家」

東京白山和風寿司店舗「鮨 辰巳」

東京清瀬市和風煎餅和菓子店舗「味億本舗」

◆久里浜焼肉飲食店舗「昭和亭」

神田神保町登山靴販売店「さかいやスポーツシューズ館」

◆横須賀ドブ板ネイビーバーガー・海軍カレー店「ツナミ」

◆「船橋商業ビル」用途変更


店舗の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈お客さんが集まり利益が出る店舗〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ