水はけの悪い敷地のゲリラ豪雨排水対策ー横浜の二世帯住宅

ゲリラ豪雨の心配

横浜妙蓮寺の兄弟の2世帯住宅並列住宅の敷地は、周囲のすり鉢状になった地形環境の一番底になっている部分にあります。

敷地の雨水排水対策

最近多発している集中豪雨=ゲリラ豪雨になると集まって来る雨水で浸水してしまわないかと心配がありました。雨水が集まっても確実に排水ができるように検討しました。

  • 敷地外から雨水が集まって流入しないようにする→敷地境界に排水側溝を設ける
  • 建物に降った雨水は、公共排水に流れるようにする→屋根の先端に雨樋と竪樋を設けて、雨水排水桝に繋げる
  • 建物外部の通路や駐車場の舗装面に降った雨水は、出来る限り集めて、公共排水に流れるようにする→雨水集水桝を設ける
  • 庭の土面に降った雨は、土中に透水管を埋設して集水して、公共排水に流れるようにする

横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯並列住宅

ゲリラ的集中豪雨のことを考え、土中に浸透する雨水を期待しないで、できる限り公共排水管に流れるように雨水排水処理対策を多重に施しました。

→「お客様の声」が掲載されています

space-white

住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com

(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ