家注文住宅を安く建てる方法

家を安く建てることは決して簡単なことではありません

建物を建てる(工事をする)関係者の中には、工事者自身の利益を確保するためだけには努力する人はいますが、反対に、お客様が支払う工事費を安く抑えようと努力する人は居ません。

それは工事者自身の利益を縮小することになるからです。悲しい説明からしてしまいましたが現実です。

ではどうすれば家を安く建てるのでしょうか?

吹抜リビング注文住宅

家を安く建てるにはどうするか?

以下の方法を真剣に考えて実行すれば、家は安く建てられます。

(a)面積規模を必要最小限にすること
(b)建物形状を単純にすること
(c)部屋の数を少なくすること
(d)関わる登場人物を少なくすること
(e)上記(a)~(d)を理解して実現する者をパートナーに選ぶこと

です。

(a)面積規模を必要最小限にすること とは、

工事金額は原則その規模に比例します。家の規模を出来る限り余分な場所を無くして、面積を必要最小限にすることです。しかし、それぞれの部屋を最小限にしても隣り合う部屋との関係や動線を解決しなければならず、最小限にするには間取りプランニングの技量が必要になります。

例えば廊下などの動線空間を短くしたり、無くしたりすることで実現できます。

(b)建物形状を単純にすること とは、

造り易くすることです。

同じ大きさの粘土で作った彫刻があったとします。ひとつは直方体6面体、もう一方はダイアモンドの58面体とします。どちらが手間や時間が掛かるでしょうか? それは面数の多い、造る手間が多い方です。同じ大きさでも手間の掛かる形状の値段が高くなるのは理解出来るでしょう。家も同じで、全体の形を単純明快にすることは造り易さにつながり、手間も少なくなり、工事費も抑えられます。

また、形状が複雑になることは、捨てる材料も多くなります。全体的に使用する材料は増えて工事費用が高くなる傾向にあります。

(c)部屋の数を少なくすること とは、

家の中身の様々な要素を少なくすることです。

例えば、ここに同じ容積のお弁当があったとします。ひとつはご飯だけの日の丸弁当、もう一方は間仕切で区切られた中に沢山の種類のおかずが詰まった幕の内弁当。前項同様、同じ容積でも種類も手間も多い方の値段が高くなるのは歴然としています。

同じ面積でも、部屋数が多くなれば、扉も照明も収納もエアコンも増えます。当然、数が増えれば工事費も高くなります。つまり出来る限り部屋数を少なくすることはコストを抑えることにつながります。

(d)関わる登場人物を少なくすること とは、

家を建てることに関わる人数を最小限にすることで、人件費を抑えることです。

全く同じ形、大きさの家があったとします。これを造るのには同じ材料と同じ職方さん達の作業が必要です。ここまではコストにさほど差が出ません。これに取り巻く必要最小限の関係者としては、設計者(建築家)と職方さん達を取りまとめる工務店様だけで済みます。

これに対しハウスメーカー様は、営業担当者様をはじめとして沢山の会社員を抱え、大きな社屋を持ち、大々的な宣伝をしています。これらの人件費や宣伝費は全て工事費に含まれてお客様に請求されます。

同じ家でも、どちらが高額になるかはお判りでしょう。関わる登場人物を少なくすることは、設計者(建築家)と職方さん達を取りまとめる工務店様だけの組み合わせです。

 ▷関連解説記事 →「建築家が設計した家がハウスメーカーより安い理由」

(e)最後に上記(a)~(d)を実現するにはどうすれば良いか

面積規模を最小限にしながら、建物形状を単純にして部屋を増やさない様にすること、すなわち、工事をする方々の経費を圧縮する(企業努力や利益を圧縮する)こと無く、自らの技量=デザイン力でコストを抑える方法を実行出来るのは、建築家(設計事務所)であると思います。

建築家(設計事務所)というと、工事費が高くなる印象ですが、反対に工事費を安く抑えられるのも建築家(設計事務所)なのです。折角建てるお住まいです。知恵を絞って、予算の範囲でこだわりのある住まいを実現してください。

 

北島建築設計事務所では、敷地の広さや建てたい家の規模をお知らせ下されば、総額の費用を試算させていただいております。金額の目安を知るためにも良い機会ですので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

space-white

下記の一覧は建物の費用コストについての実績説明記事のリンクです。合わせてご覧下さい。

関連解説記事リンク—コスト—

北島建築設計事務所のホームページにご来訪いただきまして、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様のお悩み解決にお役に立てたでしょうか。

設計業務で蓄積した、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して実現して下さい。

ご相談は初回無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。

相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。

電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)

CTA-80-500-orange

合わせて読みたい関連解説記事

家づくりのしくみ・建築家の役割

家の費用・安く建てる工夫・設計料・保証

費用

設計料

保証

安く建てる

土地探しから家づくり・旗竿地・変形地・傾斜地

注文住宅

注文住宅の性能

注文住宅のデザイン

設計実績

◆「立川のロフト付き賃貸アパート併用住宅 木造耐火建築物

◆「府中彫刻家のアトリエ併用住宅

◆「東京谷中の狭小地木造3階建住宅

◆「東京千駄木のガレージ付和風3階建て住宅

◆「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

◆「横浜西谷の二世帯住宅

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

◆「箱根別荘バリアフリー耐震断熱リフォーム

◆「世田谷木造3階建住宅リフォーム

◆横浜の和風外観二世帯住宅

建替えの理由・方法

外観を和風にする

和室のデザイン

モダンなリビング

水廻りの工夫


住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ