夏至冬至春分秋分太陽南中高度角度と住宅の縁側軒先庇と日当り

夏至冬至の太陽高度

日本には四季があります。夏至と冬至では太陽の上がる位置が変わります。それは地球が傾いて(地軸 23.4度)太陽の周りを廻っている(公転している)からです。

日照時間の差

日本が赤道から北に35度の位置にあるために、夏は日射を長く受けて暑くなり、冬の日射は短くなり寒くなります。東京では夏至の日照時間は15時間35分、冬至は9時間45分で、その差は5時間50分です。

南中時の太陽高度

日本の夏至冬至の南中時の太陽高度は以下の算定式で計算できます。

  • 夏至の太陽南中高度 = 90度 − 計測点の緯度 + 23.4(地軸度)
  • 冬至の太陽南中高度 = 90度 − 計測点の緯度 − 23.4(地軸度)

東京なら(緯度を35度として)

  • 夏至の太陽南中高度 = 90 − 35 + 23.4 = 78.4(度)
  • 冬至の太陽南中高度 = 90 − 35 − 23.4 = 31.6(度)

となります。

縁側の深い軒先庇

日照時間が長くて南中高度が高い夏は暑く、
日照時間が短くて南中高度が低い冬は寒い、日本。

このような気候風土に順応しようとした日本建築の知恵がありました。

それは建物の南側に付けて伸ばした屋根(庇 (ひさし))でした。形からすると部屋とは外部の屋根ある縁側=半戸外の空間です。

この伸びた屋根庇が夏の日照を遮って、室内の部屋に差し込まないようにして、冬の日照は部屋の室内に日照が取り込められる装置になっています。

夏の日差しを遮る

夏の日照は高度が高く、建物から伸びた屋根庇に遮られて、半戸外の縁側付近までを照らします。内部は屋根に覆われて直射日光は入って来ません。

冬の日差しを室内に取り込む

冬の日照は高度が低く、建物から伸びた屋根庇をくぐるようにして、半戸外の縁側を抜けて、内部の床まで照らします。内部の床は温められて、寒い冬の暖に役立ちます。

 

 ▷関連解説記事 →「陽当たりを良くする工夫」
 ▷関連解説記事 →「狭小地で風通しが良く陽当たりの良い家」
 ▷関連解説記事 →「二世帯住宅の吹抜けリビングを明るくする天窓トップライト」

エアコンをはじめとする空気調和設備がない昔、夏暑く冬寒い日本の土地で、日本人が考え出した温度環境を調節するための知恵でした。

→「お客様の声」が掲載されています

space-white

今後開催する北島本人が参加する展示相談会のご案内です

建築家31会

日時:2018年5月11日(金)~13日(日)
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 2階 スペースA/B(入場無料)
主催:建築家31会協同組合

建築家31会 vol.28では、「家づくりトークショー」を下記のスケジュールで開催します。
建築家本人が、テーマ別に実績を基にして、ここでしか話せない家づくりの本音を話し合います。ご興味のあるテーマに合わせて、どうぞご来場ください。

5月11日(金)

17:00〜 北島俊嗣
「賃貸物件」(アパート賃貸物件を木造3階建か鉄筋コンクリート4階建かの見極め方法)
アパート賃貸物件の建物を、木造3階建てもしくは2階建てか、鉄筋コンクリート造4階建てにするかの見極め方法と題して、アパート賃貸物件について建築家本人が設計した具体例を示しながら、お話しします。

5月12日(土)

10:30〜 石井正博+近藤民子× チャネルオリジナル
「防火木材」(準防火地域でも住宅建物の外壁軒天井に貼れる防火木材の家)
住宅のイメージを左右して、工事費にも大きく影響する外壁材。知っておくと便利な外壁材の種類と選定方法。さらに木材(防火木材)を使った外壁の可能性についてお話しします。

11:30〜 泉谷吉信× ディーエルディー
「薪ストーブ」

12:30〜 幸田真一× イゼナ
「水蓄熱」(冬暖かく夏涼しい住まいの冷暖房設備を住宅内部に水蓄熱する)
冬暖かく、夏快適な住まいをつくるためにぜひ知っておきたい「蓄熱」という考え方を紹介します。住宅内に快適温度を蓄えるという新しい発想に適した材料が「水」でした。この機会に「水蓄熱」という手法を私たちと一緒に考えてみませんか。

13:30〜 松永基× ノックオンウッド
「クラシック家具」

14:30〜 河辺近× エイチジーサービス
「地盤改良」(地盤調査や検査の正しい見方と地盤改良工法)
全ての建築物は地盤の上に建っています。特殊な場所では崖の上であったり下であったり、建物を考える前に地盤の正確な情報がなければ計画をすることはできません。今回は、正しい地盤の測量、検査方法、地盤改良の種類などのご紹介をいたします。

15:30〜 小林武× 神谷コーポレーション
「木製建具」(セミオーダーの内装インテリア木製建具ウッドドア)
床から天井まで高さのある室内ドア。シンプルな見えない枠。洗練されたドアデザイン。安心安全なWソフトクローズ。しかも、反りに強い!そのような魅力的な特徴をもつ木製建具「神谷コーポレーションのフルハイトドア」を建築家が実際、採用して出来た住宅を紹介致します。

16:30〜 滝川淳× ザ・シーズン
「外構」(くつろぎの空間に外構庭ガーデンの景色を取り込む)
狭さを生かした外構でこんな場所がくつろぎの空間にした実例、ストーリーのある庭づくりで住まいの魅力アップの実例をお話しします。

5月13日(日)

10:30〜 田邉恵一× マードレ
「オーダーキッチン」(住まいのライフスタイルを反映するオーダーキッチン)
今やキッチンは、住まいの主役・家族の中心・インテリアのアイテムにもなりました。そしてキッチンのあるべき姿も千差万別です。I型キッチン・対面式キッチン・アイランドキッチン、などなど。このような自由な思考に対応する為、キッチンメーカーも様々な工夫をしていますが制約もあり、やはり多くの希望を具現化するのがオーダーキッチンです。いくつかの事例からいろいろな「こだわり」をお話しします。

11:30〜 筒井紀博× 東京ガス
「エネファーム」

12:30〜 七島幸之+佐野友美× IOC
「フローリング」(注文住宅のインテリア床材で天然木無垢フローリング床暖房の選び方)
家の内装材として誰にとっても馴染みのあるフローリング。この機会に、改めて再確認してみませんか。天然木のフローリングを中心に、色調・質感とインテリアコーディネートの関係や気になる床暖房との関係などを、建築家とフローリングメーカーそれぞれの立場から実例を用いてご紹介します。

13:30〜 建築家メンバー
「アイデア住宅」()

14:30〜 南部健太郎× ヤマシタプランニングオフィス
「オーダーキッチン」(好きになるオーダーキッチンテーブルを使い易くする)
家づくりを考えるとき、家での生活を想像してみましょう!きっと、そこには素敵な家具の存在があるはずです。今の世の中、家で高額な家具を購入して生活する人は減ってきているかも知れません。特にオーダーキッチンなんて贅沢なのかも知れません。それでもやはり、生活や家族は、1つとして同じなことはありませんから、ぜひ、小さなものからでもキッチンをオーダーしてみてもらいたいと思います。

15:30〜 古川達也× 大和重工
「ホーロー浴槽」(マンションのユニットバスをホーロー浴槽に変えた開放的な水廻りリフォーム)
静かな高台にあり、眺望に恵まれたマンションリフォーム。リビングの窓からは、程よい緑景と横浜らしい景色が存分に楽しめる住環境です。駅前の利便や昇り降りの少ない平地に移り住む選択肢もあったが、かけがえのない住まいとして、どうしても手放せない。しかし一方で施主ご主人は、風呂・洗面・トイレ水廻りに永年残念な感覚を抱えておられました。

16:30〜 余田正徳× NE-1
「ファブリック家具」(ファブリック布地家具で上質でラグジュアリー高級な住まい)
ソファやベッドのヘッドボードなど、ファブリック(布地)を使った家具を造作することで、住人のライフスタイルやインテリアの好みに沿った、上質でラグジュアリーな空間にしつらえることができます。どちらも後で買いそろえることも出来ますが、デザインやファブリックにとことんこだわって創ったオリジナル家具は、心を豊かにし生活に潤いを与えます。具体的な事例を製作過程などと併せてお伝えします。

関連解説記事リンク—間取りプラン—

◆横浜の和風外観二世帯住宅

建替えの理由・方法

外観を和風にする

和室のデザイン

モダンなリビング

水廻りの工夫

家づくりのしくみ・建築家の役割

家の費用・安く建てる工夫・設計料・保証

費用

設計料

保証

安く建てる

土地探しから家づくり・旗竿地・変形地・傾斜地

注文住宅

注文住宅の性能

注文住宅のデザイン

設計実績

◆「立川のロフト付き賃貸アパート併用住宅 木造耐火建築物

◆「府中彫刻家のアトリエ併用住宅

◆「東京谷中の狭小地木造3階建住宅

◆「東京千駄木のガレージ付和風3階建て住宅

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

◆「箱根別荘バリアフリー耐震断熱リフォーム

◆「世田谷木造3階建住宅リフォーム

二世帯住宅

設計実績

◆「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

◆「横浜西谷の二世帯住宅


和風建物の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で念願であった豊かな和風建築空間を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ