二世帯住宅左右上下完全分離間取り設計図-東京神奈川横浜

新しく二世帯住宅を建てるとき、二世帯住宅の間取りの設計と工事費料金を抑えることはとても重要なことです。二世帯住宅の間取りの設計と工事を誰に相談して依頼するかによって、ご家族の希望を叶えた間取りプラン、そして工事費料金が納得のいくものになるかどうかが決まります。

二世帯住宅の相談先

二世帯住宅を建てるときは様々な関係者が介在するので、二世帯住宅の設計と工事を一括でハウスメーカーや工務店に相談依頼した方が面倒臭くなく、失敗もなく、安く済みそうです。相談窓口担当者が初めの相談段階から完成開院まで、その後のアフターメンテナンスも対応してくれればさらに安心で任せることが出来ます。

ハウスメーカーのような大企業へ一括発注であれば失敗もなく、クレーム対応も迅速で、安さを売りにしている宣伝にまさかウソはないでしょうから、他の会社との見積り比較など必要ないでしょう・・・。

全て疑いもなく信じることができて、どんな金額になってもご予算に余裕があるなら心配ありませんから、そのまま相談されれば良いと思います。ただし、2回目、3回目と家づくりをされているお客様は、決してハウスメーカーには依頼しません。何故でしょうか?

そこで、費用予算が足りなくて、一括受注する会社に信頼が置けない場合はどうすれば良いでしょう?

設計と工事は分離した方が良い?

二世帯住宅の費用を安くして品質を高くするには、以下の3つの点で設計事務所に設計をさせて、工事を二世帯住宅に近い工務店に依頼した方が結果的に良くなる場合が多いと言われています。

(1) 間取りを検討するときに束縛される規制が全くない自由設計
(2) ひとつの設計図に基づいて複数の工務店に工事金額見積を依頼して比較
(3) 工務店から独立した立場だから出来る手抜き工事をさせない品質監理

(1) 間取りを検討するときに束縛される規制が全くない自由設計

設計事務所は特定の工務店や製品メーカーとつながりを持たない完全なフリーな立場なので、構造工法や材料の選定に束縛されることはありません。

はじめに建て主様の好みや要望があって検討が始まり、その要望をどのように実現していくかが設計事務所の設計デザインをする際の役割であり、束縛のない自由なデザイン設計が出来ます。この方針は予算が潤沢にある場合でも、少ない場合でも変わることはありません。

また設計事務所は工事金額の上下により自分の業務報酬が左右されないので、自分から工事金額を上げる様なことはしません。

(2) ひとつの設計図に基づいて複数の工務店に工事金額見積を依頼して比較

建て主様と間取りプランを検討した結果で作られた設計図に基づいて、二世帯住宅の地域における優秀で信頼のある工務店様を複数選んで、工事金額の見積りを依頼します。

提出していただいた見積金額を比較して、一番安い金額を提示してくれた工務店様に工事を依頼します。もちろん金額だけでなく様々な要素も比較して、最終的には建て主様に選んでいただきます。

これは設計図があって、それに基づいた見積なので比較が可能になります。設計図がなくて工事金額の見積を依頼した場合は、設計内容が定まっていませんから、公平な工事金額比較は困難です。

さらに設計と工務店が一社の一括方式である場合は、見積金額比較の競争入札企業努力が出来ないので、工事金額は一括受注する会社の言いなりになって多分高額になります。(相当に余分な見積金額なので100万円単位の値引がされることがあるようです。真っ当に工事金額を見積もっているならば、値引など出来ないはずです)設計図による工事金額の見積比較は、建て主様の要望を反映したデザイン設計を維持しながら、一番安い金額の工務店に依頼出来る方法です。

 ▷関連解説記事 →「設計施工一括と、設計と施工の分離、どちらが良いの?」

(3) 工務店から独立した立場だから出来る手抜き工事をさせない品質監理

工事中、設計事務所は工事の内容が設計図通りに建てられいるかをチェックする監理を行います。設計事務所は工務店と監理業務を結ぶ訳でなく、建て主様から契約していただいて業務報酬を頂くので、いつでも建て主様の立場に立って工事の客観的な品質監理が出来ます。

この監理者が設計施工一括受注方式の会社から雇われている立場であると、雇われている会社の工事の手抜きやミスを指摘することは出来ないでしょう。

建て主様は工事の品質を確保して泣き寝入りを防ぐためには、設計施工一括受注方式でなく、設計事務所に設計と監理を依頼することをお勧めします。

どのように言葉で説明しても未経験のこの違いを理解出来ることは難しいかも知れません。住まいや建物を一度でも建てた方は、2度目からはハウスメーカーに依頼することはないと聞きます。はじめて家を建てる方は、設計と施工を依頼する者を分けて建てた、他の建て主様にお聞きすることが一番だと思います。

space-white

関連解説記事リンク—間取りプラン—

合わせて読みたい関連解説記事

二世帯住宅

設計実績

◆横浜の和風外観二世帯住宅

◆「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

◆「横浜西谷の二世帯住宅


住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ