所有不動産賃貸ビルリフォーム建替え一級建築士

賃貸収入の減少

賃貸ビルの空き室率が高くて賃貸収入が減っている。耐震強度の問題か、修繕リフォームが必要からか、抜本的な解決が必要と思われるが、どうして良いか判らない。出来る限り少数で総合的に検討判断出来る相談先を求めている。度々、そのようなご相談をいただきます。

原因と対策の選択

原因をしっかりと調査して、どのような方策が、費用対効果も含めて有効かを検討します。

  • 東日本大震災以降、空き室率が下がらない。耐震補強によって改修するか?建替えるか?総合的比較をして判断したい。
  • 空き室率を下げるために、デザインリフォームをしたいが、費用対効果の高い有効な方法で改修リフォームをしたい。
  • 建替えることは決まっているが、どんな建物にして良いか判らない。一緒に検討する相談先を求めている。

設計事務所の役割

満室を実現する建物を計画するには、建替えの方法、新築建物の形や賃貸の種類、工事金額の見積りの査定等々行なって、費用対効果の高い計画を検討・提案しながら設計を行います。その設計は設計事務所が行えます。決して設計事務所は利潤追求ではありませんから、大家さんの財産が搾取されることはありません。

space-white

合わせて読みたい関連解説記事

事務所オフィス・工場・倉庫

設計実績

◆「東京新橋企業本社オフィスビル建物新築建替

◆「東京市谷の企業独身寮

◆「臨海町道路内駐車場管理事務所

「神保町オフィスの階段増築」

東京新橋賃貸ビル「MKプレイス」

◆横浜の工場事務所オフィス「関東洗機工業」


企業施設の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈生産性の高い工場や企業理念が表れるオフィス建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ