大地震でアパート建替えを決意ー横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

老朽化アパートの寿命

横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅並列住宅の敷地は、もともとご兄弟のお父上様が所有するアパートが建っていました。平成23年3月の東日本大震災で、被害はなかったのですが、地震の後、住民の方々がことごとく退出され、その後も新たに入居される方がいない状況になりました。

大家さんであるお父上様は、この時アパート自体の築年数も長く、全面リフォームを行っても新たな入居を見込めないと判断し、税理士様とも相談して、アパートを解体してご親族の住居を建てることにされました。

A07-kizon

家族の住宅に建替え

お父上様の御子息のうち、二人のご兄弟の各家族の家を建てることになりました。

設計の当初は、

  • 二つの家を一棟で建てるか、分けて建てるか
  • 広い敷地をどのように分けて家を建てるか
  • 敷地を2分割でなく3分割できないか
  • 敷地のどちらにご兄弟の兄様、弟様が住むか

等々の検討を加えて、ご兄弟の家族が何処に家を建てるかという検討が進められました。

 ▷関連解説記事 →「老朽マンション高齢者福祉施設建替」

→「お客様の声」が掲載されています

space-white

合わせて読みたい関連解説記事

◆「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

家づくりのしくみ・建築家の役割

家の費用・安く建てる工夫・設計料・保証

費用

設計料

保証

安く建てる

土地探しから家づくり・旗竿地・変形地・傾斜地

注文住宅

注文住宅の性能

注文住宅のデザイン

設計実績

◆「立川のロフト付き賃貸アパート併用住宅 木造耐火建築物

◆「府中彫刻家のアトリエ併用住宅

◆「東京谷中の狭小地木造3階建住宅

◆「東京千駄木のガレージ付和風3階建て住宅

◆「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

◆「横浜西谷の二世帯住宅

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

◆「箱根別荘バリアフリー耐震断熱リフォーム

◆「世田谷木造3階建住宅リフォーム

◆横浜の和風外観二世帯住宅

建替えの理由・方法

外観を和風にする

和室のデザイン

モダンなリビング

水廻りの工夫

二世帯住宅


住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ