工場事務所オフィス執務室の家具配置とコンセント電気設備

事務所執務室の家具レイアウト

関東洗機工業様の工場施設内の事務所移転工事では、広い事務執務空間を確保しました。そのメリットは、

  • 多人数がひとつの空間で執務出来るので情報共有と管理が容易
  • 利用するコピー機器などが共有出来て少数になれる
  • 書類の収納方式が統一できる
  • 間仕切り壁やエアコンの数が少なくて済む
  • 通路なども共有出来て面積規模もコンパクトになる

などが挙げられます。

このメリットが十分に活かされるように執務机などの家具レイアウトが検討されました。

今回は建て主様自ら検討したレイアウトになりました。

工場管理事務所オフィス

OAフロア

部屋の規模がコンパクトで、机などの家具が周囲の壁に付くレイアウトの場合は、電気機器のための電源コンセントなどは周囲壁面に設けられます。

広い執務空間では、全ての机や電気機器が壁に取り付かないので、床に電源コンセントや通信電話やネットのジャックが設けられます。

床にコンセントなどを設ける場合は、将来に机などの家具のレイアウトを変えてもコンセントが便利なところにあるように、床を上げ床にして床にカーペットを貼って床下に電線を配線して、どちらにもコンセントが移動出来るようにしてあります。

この二重床の仕組みを「OAフロア(オフィスオートメーションフロア)」とか「フリーアクセスフロア」と呼んでいます。

床コンセントの移動

床に設けられるコンセントは金属の箱に収められたものがありますが、将来の移動には不向きなので、床から直接ケーブルを出してコンセントタップの端末に結んで使います。

img_9157床から出ているコンセント

img_9156カーペットをはずした状態

img_9155床下地をはずして床下配線を見る

コンセントの位置を移動するときは、カーペットを一旦はがし二重床のフタを取り、床下の配線を移動させてコンセントを移動させます。電話ジャックやネットコンセントも同様に移動させます。

→「お客様の声」が掲載されています

space-white

合わせて読みたい関連記事

◆横浜の工場事務所オフィス「関東洗機工業」

関連解説記事リンク—設備—

関連解説記事

事務所オフィス・工場・倉庫

設計実績

◆「東京新橋企業本社オフィスビル建物新築建替

◆「東京市谷の企業独身寮

◆「臨海町道路内駐車場管理事務所

「神保町オフィスの階段増築」

東京新橋賃貸ビル「MKプレイス」

◆横浜の工場事務所オフィス「関東洗機工業」


企業施設の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈生産性の高い工場や企業理念が表れるオフィス建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ