和風二世帯住宅の木造構造土台骨組み建て方上棟

大型車輌が入れない敷地

横浜の和風二世帯住宅の敷地は丘の頂きにあり、敷地までの道路は部分的に拡幅されていなくて、普通乗用車がぎりぎり通れる幅の道路でした。普通乗用車以上の大きさの車輌は敷地に近寄ることが出来ませんでした。

そのために構造木材を運ぶ大型車は敷地近くまで来て、そこから小型車に材料を積み替えて敷地に搬入されました。

土台設置

コンクリート造の基礎が完成し、設計基準の強度に達したことを確認して、はじめの構造木材=土台が敷かれました。コンクリートの強度は、コンクリートが打設されたときに採取された試験体を、別の試験体保管場所で破壊試験を行い、圧縮強度試験を行って測定します。試験体の強度の値で現地のコンクリートの強度を予測します。

上棟建て方

土台が敷かれてコンクリートに差し込まれているアンカー金物と固定されて、周囲に足場が組まれると、地上の木造構造材の組立てが始まります。この作業を「建て方」(たてかた)と呼び、組み上がった状態を「上棟」(じょうとう)と呼びます。建て方作業は多数の大工さんが集められて、短期間(今回は規模が大きいため2日に渡って作業されました)で上棟しました。

建て主様からの御礼とお清め

上棟すると、建て主様から大工さん達に御礼のお言葉があり、建物周囲のお清めをしました。その後、建て主様ご家族と上棟した建物の中でお祝いのお食事を頂きました。

棟札

地鎮祭のときに住職様からいただいた棟札を掲げ、上棟を祝いました。

棟札は屋根が掛かる前に建物の一番上の材料に貼付けられました。引き続く工事の安全と無事の完成、ご家族の繁栄をお祈りしました。

→「お客様の声」が掲載されています

space-white

住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com

(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ