4000万円台で二世帯住宅を建てる

二世帯住宅は増えている

最近は、それまで別々に暮らしていた家族が実家に戻り、家を二世帯住宅に建替えて同居して住むケースが多くなっています。

二世帯で集まって住む長所メリットは、

  • 家のコストを抑えられる
  • 相互扶助
  • 核家族の見直し

などでしょうか。

二世帯住宅のいろいろ

二世帯住宅は、相互扶助の視点からもメリットは沢山あります。しかし、生活スタイルや習慣の違いを変えてでも同居するのは無理があり支障が出るため、様々な形の二世帯住宅、多世帯住宅が生まれています。

  • 完全な同居(玄関一つ、キッチン一つ、水周り設備一つずつ)
  • 玄関・リビングが二つ、他は一つずつ
  • 玄関・リビング・キッチンは二つずつ、水周りは一つずつ
  • 全て二つずつ。形は左右分離
  • 全て二つずつ。形は上下分離(全て二つずつあるのは、将来の使い途を考
  • 慮した上で至った形でもあります)

と、本当に様々です。

 ▷関連解説記事 →「二世帯住宅の位置上下左右配置検討

 ▷関連解説記事 →「二世帯住宅の水廻り設備共有?分離独立?

 ▷関連解説記事 →「和風二世帯住宅の間取りプラン上下左右配置位置

共用と分離

共有するものの数や家の形は、ご家族の要望から定まる場合が多いですが、予算によって定まる場合もあります。

キッチンは別として、水周り設備=トイレ・風呂・洗面・洗濯は、利用する時間の工夫ややりくりで、一つでも充分な場合もあります。水周り設備の集約は、規模の縮小という意味でも予算の抑制に大きく反映されます。完成後の光熱費の抑制にもつながります。

また、家族の将来を見据えた間取りプランも検討しています。

二世帯住宅の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる二世帯住宅〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ