家賃下落と満室対策賃貸アパートマンション収益物件

賃貸情報はインターネット検索から

インターネットが普及した現在、賃貸物件の空室情報収拾もインターネット上で検索して見ることが出来るようになりました。

以前は地元不動産店舗先に掲示されたり、店舗窓口に直接問い合わせして得られた空室物件情報が、大手不動産情報収集会社がまとめる週刊の情報雑誌に掲載されていましたが、今では大手不動産情報会社が運営するホームページ上で、空室物件情報は溢れる様にあり、借りたい側の条件を入力して検索するだけで、条件に合った空室物件情報が瞬時に受け取れる時代になりました。

そのために実際の物件を内見もせずに賃貸申込みをすることもあると聞き及んでいます。

物件情報表示の転換期

そのような情報表示の転換期で、状況が大きく変わったのは、広く情報を展開出来ることになったと同時に、ある大手のインターネット空室情報は築20年を超えると流通させることを中止させるということもあり、以前の不動産店舗先の掲示やその店舗のホームページ、もしくは雑誌などの掲示に止まり、新築で建てられた賃貸物件の飽和状態とも重なって、築20年を超える物件の空室への入居状況が特別な好条件でない限り家賃価格を見直さないと入居申込みがない状況にあり、様々な点で沢山の大家さんが困っている状況にあるようです。

設計事務所の提案

北島建築設計事務所では建て主様のご希望を第一にしながら、 建物が常に高い価値を維持し続けられるように設計を行っています。

現代において時代を越えて建ち続け、収益を維持できる建物になることを実現しようとすると、デザインは流行から離れたよりシンプルな形へと収斂されていきます。

装飾や飾りのないシンプルな建物は、一見すると面白味に欠ける様ですが、賃貸収益物件では大変重要な要素であると考えています。

space-white

 

space-white

アパート・マンションの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈長く満室を確保する賃貸アパートマンション〉を実現して下さい。


ご相談の初回は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 計画ヴォリュームプランや詳細な間取りプランを作成したり、事業収支計画を立案する場合は費用を頂きます。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ