地震に強い家(耐震強度等級2)の設計@和風外観注文住宅

地震に強い家

3階建ての注文住宅で、お客様の建物構造に対するご要望は、1階を鉄筋コンクリートRC造、2・3階を木造にする混構造形式にすることだけでなく、地震に強い家=耐震等級強度を上げた家にしたいというものでした。

建築基準法で求められている耐震強度

日本の建物を建てる際に守らなければならない「建築基準法」において、大地震時に求められる構造の最低限の性能は、「中に居る人が安全に外部に避難出来ること」です。つまり多少の建物の損傷は認められているのです。

しかしながら役所や消防署などの公共施設では、地震災害時の対策本部や避難場所として即時施設利用が求められるので、耐震性能が高められて設計・施工されています。

千駄木のガレージ付和風3階建て住宅

耐震等級強度を上げる

国土交通省が定めた基準の「官庁施設の総合耐震計画基準」の耐震等級2および3がそれに当り、住宅でも「新築住宅の住宅性能表示制度」があります。

和風外観ガレージRC造木造3階建注文住宅

お客様からは、耐震等級強度を上げて欲しいというご要望をいただいたので、今回はこの基準の耐震等級2(通常の耐震性能の1.25倍の強度)を目指して設計しました。

耐震等級を上げる設計をした場合、建物に現れる具体的な制限は、外壁の窓や扉の数や面積を小さくすることが求められます。耐震壁の量や厚みも割り増しされた設計になっています。当然のことながらその分の費用金額も割り増し料金になりました。

space-white

合わせて読みたい関連解説記事

「東京千駄木の和風3階建て住宅」

構造・耐震・免震・木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造

設計実績

和風住宅・和風店舗

設計実績

◆横浜の和風外観二世帯住宅

東京煎餅和菓子店舗「味億本舗」

東京白山「鮨 辰巳」

東京岩盤浴温浴施設店舗「鷹乃家」

「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅」

商業店舗・飲食店・販売店・温浴施設


住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ