寝室を防音室にする−いわき歯科医院併用住宅

夜は静かなところで寝たい

ご家族の一人に、就寝時静かな場所で寝たい方がいて、寝室を防音室にしたいご希望をいただきました。

木造の防音室

まず防音室の場所をリビングからなるべく離れるように飛び出させ、リビングに面する壁や扉を防音仕様にしました。壁の下地を互い違い離して(千鳥配置にして)2重にして独立させ、下地と下地の間にグラスウール吸音材を充填します。壁に伝わった音(振動)を、隣の部屋に伝えないためです。

扉も通常より重量のあるものにして、枠の間の隙間をゴムで密閉して音が通らないようになっています。木造住宅で予算に合わせた防音性能です。

左が通常の間仕切壁の断面図、右が防音遮断間仕切壁の断面図 です。

防音室,防音壁

→「お客様の声」が掲載されています

space-white

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ