アパートマンション賃貸収益物件併用住宅の間取り設計図

アパートマンション併用住宅

アパートマンション併用オーナー様住宅付建物は、賃貸部分と専用住宅部分の考え方をメリハリを付けて分けて設計しながら、全体は魅力ある建物にしなければなりません。

賃貸アパートマンション部分の仕様は、全体の動線計画と構造計画に明解さとメリハリを付けて設計をまとめないと、アパートマンション経営の収支計画に沿わないものになってしまいます。大家さんの厳しいご要望には、沢山の経験と知識と新たなデザインアイデアを駆使して設計提案をしています。

計画は、敷地や予算やご希望によって変わりますが、

  • 賃貸部分とオーナー様宅の建物を分けるか一緒か
  • 共用出入口とオーナー様宅玄関を分けるか一緒か
  • オーナー様宅の建物の位置を1階にするか最上階か

分けるものはたくさんあり、ひとつひとつ例を挙げて説明して、選んでいただきます。

賃貸経営においては、

  • 高額な家賃を維持出来るデザイン
  • 満室を維持するアイデア
  • メンテナンス維持管理費を抑える設計

が求められます。

自由な発想を基にして、豊富な技術を兼ね備え、常に新しい提案をしています。これからは少しでも差のある物件が選ばれ、残っていく時代だと思われます。

space-white

設計事務所が、自らの実績と写真を展示して、ご家族の住まいのお話しをお聞きします。下記の日時で展示相談会を開催します。

 

アパート・マンションの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈長く満室を確保する賃貸アパートマンション〉を実現して下さい。


ご相談の初回は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。計画ヴォリュームプランや詳細な間取りプランを作成したり、事業収支計画を立案する場合は費用が発生する場合があります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ