変形地に木造3階建て賃貸アパート満室の間取りプラン

永福の木造3階建て賃貸アパートは、変形地を購入されて満室になるために大家さんのこだわりを込めた間取りプランとなりました。

全ての住戸を異なる間取りにする

収益を目的とする建物を建てるとき、出来る限り建築費を抑えることが目標とされます。そのためにも積み重ねられた住戸は、上下で同様な間取りになる傾向が多くなります。それは上下階が同様の造り方であれば「造り易く」なるので、余計な経費を省いて建築費を抑えることが出来るからです。

大家さんは、敷地がいびつな変形地を購入したので、建物を整形なものにすると賃貸面積を広く確保出来ないことを心配されていました。

そこで建物の平面形状を敷地に合わせたいびつな形の間取りプランにして、各住戸の面積を最大限確保し、さらに各住戸の間取りプランを多少でも変えることで多様な需要に応えられるアパートにすることを目指されました。

b-06-07-plan

水廻り室とリビングを分離する

各住戸の面積に関係なく、トイレ、洗面、風呂、キッチンなどの水廻り設備の部屋を、リビングや寝室となる部屋とは分けられることにされました。

それは、

  • 衛生的に清潔さを保てるようにすること
  • 来客し易くすること
  • 二人でも住める環境にしたい

というお心づかいでした。

住まわれる方の利便性を追求することで、愛着を得て長い賃貸期間となり、満室につながることを望む大家さんのこだわりでした。

収納を工夫していびつな間取りを整形にする

敷地がいびつな変形地なので、規制の範囲で限界まで最大限面積を確保すると、建物の形もいびつな変形にならざるを得ません。

各住戸では、部屋のコーナーに凸凹が出来たり、壁の角度が直角にならないところが出来ます。

この凸凹部分や、直角ではないコーナーに収納を設けて、リビングなどの生活空間を出来るかぎり整形な間取りにして、いびつな変形地のデメリットをメリットに変えることが出来ました。

space-white

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ