選ばれる賃貸アパート収益物件の満室空室対策と差別化提案

収益物件に求められることは、高い家賃の確保と満室で、そのために近隣周囲の同種同規模物件との差別化と考えています。

アパートロフト吹抜けリビング

設計事務所として応えられることは、

 ①制限上限度まで「面積確保」
 ②予算を抑えた中で「容積確保」

を提案しています。

①「面積確保」とは、

当然のことながら、法令の範囲で認められている小屋裏収納=通称ロフト空間を確保して、居住者が活用できる面積を最大限確保して、家賃の設定を高くできるようにしています。

②「容積確保」とは、

一般的なアパート収益物件の部屋の天井高さは、2.3m~2.5m程度ですが、①の小屋裏収納=ロフトを設けることで、リビングの天井高さを4m近くに出来ます。

吹抜空間をつくり出し、面積だけでなく3次元的な「広い空間」にして、文字通り「容積も大きい空間確保」を実現しています。

例えば同じ面積の住戸リビングでも、天井高さが2.4mのリビングと、天井高さが4mのリビングとでは、ほとんどの内覧者の方々がロフトのある吹抜リビング空間を選んでいます。

 →関連記事「ロフト吹抜リビングで空室対策」
 →関連記事「ロフト付高天井リビング高額家賃満室対策」

そのような規格外で差別化を予算を抑えて提案しています。

space-white

アパート・マンションの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈長く満室を確保する賃貸アパートマンション〉を実現して下さい。


ご相談の初回は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 計画ヴォリュームプランや詳細な間取りプランを作成したり、事業収支計画を立案する場合は費用を頂きます。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ