ロフト付吹抜リビングで空室対策―立川木造アパート併用住宅

周囲物件との差別化

JR立川駅至近に、1階を大家さんが住む住宅にして、2階を賃貸アパートにされた計画です。駅に近い徒歩10分の圏内でも、賃貸アパートやマンションが林立しているので、満室を続けるための空室対策、他の物件との差別化が必要になりました。

ロフト吹抜け空間

予算費用に限度がある中で考え出されたのが、ロフト空間を設けることで、収納と休むスペースの面積を確保しつつも、リビングの天井を高くして吹抜け空間にすることで、他に例のない賃貸アパートを設計実現することが出来ました。

防火地域,木造耐火建築物,ロフト,アパート,併用住宅

防火地域,木造耐火建築物,ロフト,アパート,併用住宅

一般的な家の天井高さ(2.2~2.4メートル)の物件と見比べて、リビングダイニングの天井高さが4メートル弱となるので、とても豊かな空間となります。面積に高さを掛け合わせた容積が大きくなることで、他の通常の天井高さの物件とは大きく異なり、入居者様の満足を頂いている様です。

そして入居者様が退去しても、すぐ内見の希望があり、内見をされると直ぐに申込みを頂いている状況です。

※2019年現在、開放型のロフトを認めてくださらない(条例で規制する)市町村が増えましたので ご注意ください。

space-white

アパート・マンションの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈長く満室を確保する賃貸アパートマンション〉を実現して下さい。


ご相談の初回は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 計画ヴォリュームプランや詳細な間取りプランを作成したり、事業収支計画を立案する場合は費用を頂きます。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ