和風建築二世帯住宅の外観外装数寄屋意匠デザイン

和風建築の特徴=屋根・庇

横浜の和風二世帯住宅の建替えでおおよその間取りプランが定まったとき、模型で屋根の架け方を検討し、その方針も定まりました。東西に長い間取りプランを強調する切妻屋根が重なり合った屋根です。(下の写真の左下の模型)

設計の段階は詳細設計の段階に入り、屋根の勾配や素材、庇の出寸法、支持構造などの、より具体的な寸法の設計を行いました。

外壁部材の日本的調和

屋根、庇の設計と同時に外壁面に表れる外壁素材や窓、雨戸や面格子、縁側の柱や軒裏の構成を設計しました。各々は、間取りプランから求められる機能的なものですが、外観の見た目も日本的な釣り合いによる調和を整えました。それは、陰影であったり、重なりであったり、面や線の大きさと長さの割合だったりします。

そして、より具体的な素材の色調をパースに反映して、色彩のバランスを取りました。

 ▷関連解説記事 →「和風宅の数寄屋外観屋根デザイン」
         →「和風住宅の外観外装数寄屋意匠デザイン」
         →「和風数寄屋住宅の屋根庇軒先意匠デザイン」
         →「和風数寄屋住宅の樋の無い軒先の屋根雨水排水処理」
         →「和風菓子店舗建物の勾配切妻屋根意匠と本瓦金属板噴き材料」

和風二世帯住宅外観デザイン

仕上材を複数のサンプルで検討して決める

実際の屋根や外壁、木材の色彩は、実物サンプルを複数用意し、その中から吟味して決めます。常に外観パースも使われます。

  • 屋根:金属板の一文字平葺で、屋根に金属板を張り、確かめました。
  • 外壁:色味や濃さの違いから複数の色見本を置いて、決められました。
  • 軒天井、柱、梁:現地に材料を張ったり、表面塗装材を塗って確かめました。
  • 縁側靴脱ぎ石
  • 縁側土間タイル

→「お客様の声」が掲載されています

住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com

(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ