和風数寄屋二世帯住宅の雨樋の無い軒先の屋根雨水排水処理

屋根に降る雨水の排水

和風数奇屋二世帯住宅の屋根に降った雨水の処理方法は、長い時間を掛けて建主様にお考えいただきました。

勾配角度がついた屋根に降った雨水はそのまま屋根を伝い下流に流れ落ちます。通常は屋根の先端に、流れ落ちる水滴を集めるために「樋(とい)」と呼ぶ半月状の管を水平に取付けます。

ただこの樋は工夫を凝らして造った屋根の先端部分の造作を覆い隠してしまいます。

実際に雨が降っているときは、屋根の下から出ればどこでも雨水が空から舞い落ちて来て、人は傘を差すので、屋根から落ちる雨水も空から舞い落ちる雨水も区別なく気になりません。

しかい雨が上がると傘を仕舞いますから、そのときに屋根から落ちる雨水に人は当たりたくない様です。(前職場の京都国立博物館 南門施設における経験より)

そこで家族が行き来する玄関部分の屋根部分には雨樋を設けて、雨水がいつでも落ちて来ない様にして、左右の縁側部分は樋を設けずに地面に落ちる様にして、地面に排水溝を設けて雨水を受けて排水する様にしてはどうかと提案していました。

雨樋か垂れ流しか

屋根先端に取り付ける雨樋は、古典建築などになると竹竿を割って節を削り取ったものや、銅板を小さく曲げて加工して、申し訳程度に華奢に取り付けているものを見たりします。

建主様には長い時間を掛けて実例を紹介して、「数奇屋建築の屋根の先端には雨樋を付けないことがある」ことを理解していただきました。

 ▷関連解説記事 →「和風宅の数寄屋外観屋根デザイン」
         →「和風住宅の外観外装数寄屋意匠デザイン」
         →「和風数寄屋住宅の屋根庇軒先意匠デザイン」
         →「和風数寄屋住宅の樋の無い軒先の屋根雨水排水処理」
         →「和風菓子店舗建物の勾配切妻屋根意匠と本瓦金属板噴き材料」

雨受け排水側溝の瓦見切りと玉石

屋根の先端の雨水受けに落ちた水は地面に埋めらた排水管に流れるようにしてあります。雨水受けには周囲の縁取りに既存建物の屋根瓦をならべて、中に黒色那智石の玉石を敷き詰めて、雨が降ると黒光りするようにしました。

→「お客様の声」が掲載されています

space-white

関連解説記事リンク—和風デザイン—

◆横浜の和風外観二世帯住宅

建替えの理由・方法

外観を和風にする

和室のデザイン

モダンなリビング

水廻りの工夫

家づくりのしくみ・建築家の役割

家の費用・安く建てる工夫・設計料・保証

費用

設計料

保証

安く建てる

土地探しから家づくり・旗竿地・変形地・傾斜地

注文住宅

注文住宅の性能

注文住宅のデザイン

設計実績

◆「立川のロフト付き賃貸アパート併用住宅 木造耐火建築物

◆「府中彫刻家のアトリエ併用住宅

◆「東京谷中の狭小地木造3階建住宅

◆「東京千駄木のガレージ付和風3階建て住宅

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

◆「箱根別荘バリアフリー耐震断熱リフォーム

◆「世田谷木造3階建住宅リフォーム

二世帯住宅

設計実績

◆「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

◆「横浜西谷の二世帯住宅


和風建物の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で念願であった豊かな和風建築空間を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ