賃貸収益建物・アパート・マンション

今経営している賃貸物件が老朽化して建て替えを考えていたり、これから土地を探して購入し新たにアパートを建てようとしたり、共同住宅マンションのリフォームやリノベーション、大規模修繕、改修工事を予定している所有者の方々から、色々なご相談が寄せられます。

  • 賃貸物件の建替え建築費
  • 鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨造(S造)、木造の構造別坪単価の相場
  • 内装リフォーム大規模修繕改修の費用や工事期間
  • 安く建てる方法
  • 設計料
  • 事業収支計画
  • 家賃を下げずに満室にする工夫 などです。

人口減少している日本では、賃貸物件を建てれば満室となる時代は終わり、立地条件や入居者需要が高くて、余程の特徴がないと満室や家賃の維持は難しいようです。つまり、周囲の同じ種類の物件と区別ができない同じ様な建物で特徴のない建物や、大資本を盾とする強気の家賃保証なども、将来は通用しなくなるのではないかと考えています。設計事務所(建築家)に求められることは、同様の物件と比べて、入居者にとって付加価値のある物件にすることで、満室や家賃の維持、メンテナンス費用の抑制につなげることです。

それは高額の費用を必要とする建物の形や外観を派手にすることでは決してありません。大家さんにとっては、特徴ある建物を出来る限り費用を抑えて、メンテナンスも掛からないようにすることは当然ながら、これまで無視されていた入居者さんの視点も重視した建物になることを目指しています。

物件の場所、住戸の広さ、面積、構造種別、入居者の対象によってそれぞれ答えが違うので、大家さんの質問は、説明文の中に無いかもしれません。そのような時は、どうぞ電話やメールにてご質問をお寄せ下さい。判断できる範囲で、無料でお答えしています。

大家さんの悩み

家賃下落と満室対策賃貸アパート収益物件

インターネットが普及した現在、賃貸物件の空室情報収拾もインターネット上で検索して見ることが出来るようになりました。以前は地元不動産店舗先に掲示されたり・・・

→続きを読む

大震災の後入居者がない旧耐震賃貸アパート収益物件

旧耐震と新耐震。2011年(平成23年)3月11日、東日本大震災が起こり首都圏でも強烈な揺れを感じました。その揺れの感じ方も建物の築年数により体感した揺れが大きく変わったようです・・・

→続きを読む

相続税対策の施設建設事業で地域社会貢献

今所有している財産は、そのまま次世代に引き継いで行きたいものです。財産ご所有者様本人にも、いずれは人生を全うするときが必ず来ます。そのとき所有されていた財産に相続税が課税されるのは・・・

→続きを読む

皆(大家・入居者・周囲住民)の満足はどこにある?

家賃満室を続ける流行りすたりのないアパートマンションデザイン

収益物件の寿命は、大家さんの考えによって様々ですが、短くて20年、出来れば30年、40年と家賃収益を確実に生む物件として価値を維持するよう求められます・・・

→続きを読む

皆が満足する賃貸アパートマンション収益物件

大家さんにとっての満足とは、
・満室であること
・家賃が下がらないこと
・建物のメンテナンス改修費用が掛からないこと・・・

→続きを読む

賃貸アパートマンション収益物件入居者の満足

入居者さんが満足して、長い間入居を続ける理由は、
・家賃が安い、もしくは真っ当うであること
・家賃と比べて部屋の面積が広いこと、部屋の容積が大きいこと
・他には見当たらない特徴ある住戸であること・・・

→続きを読む

賃貸アパートマンション収益物件周囲住民の満足

周囲住民の皆さんにとって、賃貸物件というのは、多様な人々が出入りする所なので、自分の生活を脅かされないかどうかの心配の種は尽きません。逆に以下のような物件になれれば・・・

→続きを読む

新たな賃貸経営で設計事務所が出来ること

土地を購入して賃貸アパートマンション収益物件を建てる

新たに不動産投資をしたり、収益物件を取得したい場合、既に建てられている中古物件を購入したり、新たに土地を購入して賃貸物件を新築する場合があります・・・

→続きを読む

アパートマンション建替えるか?リフォーム修繕か?

はじめに全体の事業収支計画を作る前に、改修リフォームか?建替え新築か?を迷っておられる理由を確認します・・・

→続きを読む

賃貸アパートマンション収益物件の建物用途の選び方

土地の場所、広さ、形、周囲環境による入居のニーズ、大家さんの希望を取り入れてどのような用途種類の建物を建てるか?を検討します・・・

→続きを読む

賃貸アパートマンション収益物件の事業収支計画組立

想定した建物の用途種類 と規模によって、必要な費用を算出して、銀行融資額と月々の返済額を算出します・・・

→続きを読む

賃貸アパートマンション収益物件の銀行融資相談資料

組み立てた事業計画案を、銀行融資相談窓口に持ち込みます。建物のプラン、工事費・家賃収入・借入返済の収支計画、工事工程などです・・・

→続きを読む

相続税対策土地活用賃貸アパート収益物件設計

税金に関わる確かな算定は、税の専門家である税理士様に算出をお願いしなければなりません。条件によって課税対象や割合が異なるからです・・・

→続きを読む

収益物件建物の外装内装設備仕様グレード

賃貸物件建物の仕様グレードは慎重に決めねばなりません。建物の構造や材料、設備の仕様グレードを上げればその費用はほぼ比例して上がります・・・

→続きを読む

土地探しからの賃貸アパート収益物件の計画順序と金額費用相場

ホームページをご覧になってお問合せをいただいたお客様で「土地探しからの賃貸収益物件の計画順序と費用」についてご相談を受けて、お応えした内容をまとめました・・・

→続きを読む

設計事務所だから出来る強み

アパートマンション収益物件費用を安くする

設計事務所は、営利目的でありませんから工事費の増大や減少によって、自らの設計料報酬が左右しないので、大家さんの財産を削り取るような提案・選択・判断をしません・・・

→続きを読む

賃貸アパートマンションを旗竿地変形地で設計する

旗竿形状地(敷地延長形状地)や不成形でいびつな土地、傾斜地などでは、避難通路の確保や高さに係る制限が加わり、アパートやマンション建物の計画は複雑な形状を求められることがしばしばあります・・・

→続きを読む

アパートマンション併用住宅複合建物の設計

複合用途建物とは、賃貸アパート(共同住宅)と大家さんの住宅、賃貸アパートと店舗、賃貸アパートと医院クリニック、更には、賃貸アパートと住宅と店舗と2つや3つの異なる用途が重なって1つの建物に同居すること・・・

→続きを読む

アパートマンション建替え設計

賃貸アパートマンションの計画で、建築家は業務の性格上、建設計画の最初から最後(施設利用開始時)まで、長期にわたり携わります・・・

→続きを読む

アパートマンション収益物件の制限と課題を解決する

新たにアパートマンション収益物件を計画すると、思いの他様々な建築制限が係り、想像していたような建物にならないことがよくあるようです・・・

→続きを読む

選ばれる賃貸アパート収益物件の差別化提案と実現

収益物件に求められることは、高い家賃の確保と、同種同規模物件との差別化と考えています。設計事務所として応えられることは・・・

→続きを読む

土地探しからの賃貸アパート収益物件の計画順序と金額費用相場

ホームページをご覧になってお問合せをいただいたお客様で「土地探しからの賃貸収益物件の計画順序と費用」についてご相談を受けて、お応えした内容をまとめました・・・

→続きを読む

設計実績解説

◆「立川のロフト付き賃貸アパート併用住宅 木造耐火建築物

◆「品川のロフト付賃貸木造アパート

◆「杉並のロフト付賃貸木造アパート

◆「渋谷のロフト付賃貸木造アパート

◆「世田谷のロフト付賃貸木造アパート

◆「東京市谷の企業独身寮

◆「湘南茅ヶ崎市辻堂駅のRC造共同住宅賃貸アパート」

◆杉並永福の木造3階建て共同住宅賃貸アパート

◆「横浜のマンション大規模修繕」

「神楽坂のマンションリフォーム」

space-white

北島建築設計事務所のホームページにご来訪いただきまして、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。

設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用してもらうことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。

ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。

相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。

電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)

CTA-80-500-orange