心療内科医院クリニックの待合室患者様動線の間接照明と扉仕上げ

名古屋市北区の心療内科医院「平安通クリニック」様の内装インテリアで、患者さんの居られる場所では、間接照明と木目の素材を散りばめることによって、内装インテリアの印象と患者さんの使い勝手を良くする工夫をしました。

待合室を落ち着いた雰囲気に

患者さんがクリニックに来院されて受付を済まされると、診療が始まるまで待合室でお待ちいただくことになります。診察には落ち着いた状況で臨んでいただきたいので、待合い室では短時間でもリラックスをしていただくことが大事なことになります。

患者さんにリラックスをしていただくためには、待合室が様々な要因によって心が落ち着く環境になることが必要です。

平安通クリニックの待合室では、

  • 清潔で柔らかな印象の色彩や明かりでまとめられている
  • 耳障りな音や騒音がない
  • 手触りや肌触りが柔らかい椅子に囲まれている
  • 快適な温湿度に包まれている

という、状況に囲われることによって、リラックスできると考えました。

心療内科精神科医院診療所クリニック待合室受付

そこで、インテリアの色調を壁・天井は白色として清潔感を表しながら、患者さんが座られる椅子に木のフレームで組み立てられた1人掛けの椅子「たためる椅子」が選ばれて、手触りや肌触りが柔らかく温かみがある椅子に包まれて、椅子の木目に合わせた木調の素材を患者さんが触れる部分に散りばめました。

床は厚手のカーペットを敷いて、待合室で発生する音を吸収してもらう役目を担ってもらいました。

患者さんの動線誘導

単調になりがちな待合室のインテリアで、受付カウンターを中心とした部分の天井を下げて壁面との間に隙間を設けて間接照明を仕込みました。間接照明は暖かみのあるインテリアを印象づけるために温白色(3500ケルビン)の色温度にしました。

患者さんに部屋を案内する場合は、この間接照明の先に利用される部屋があることを説明しながら、さらに患者さんが利用する部屋の扉を木目の板を貼ることによって、患者さんの動線誘導が容易に判明しやすくなるようにしました。(逆にスタッフが利用する扉は壁面と同じ白色にしました)

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ