二世帯住宅の北欧風リビングの壁面大型テレビ収納棚

テレビの大きさ

横浜の二世帯住宅の子世帯のリビングで、55インチの大型画面のテレビを置くことになりました。リビングは高い天井で東西にも広がった空間で、バランスが取れた大きさでした。

テレビをどこから見るか

テレビをどこに置くかを考えるときは、テレビをどこから見るかを考えます。

高い吹抜け天井の部分から、ソファで寛ぎながら、キッチン近くの食卓ダイニングに座りながらテレビを見たいことになりました。

二世帯住宅吹抜高天井リビング

壁面収納造作の中に収める

リビングをはさんでキッチンの反対側の壁面は全面収納にする方針で、壁面も広いのでその中にテレビを収めることにしました。

テレビは壁面収納の中央にあり、周囲を収納で囲っています。画面の鑑賞に邪魔にならないようにフタを設けて、テレビが壁面に掛けてあるようにしました。

テレビを収める場所は、左右上下と背面を黒にしてあります。真っ黒なテレビモニターの存在を消してあります。

パソコン作業机

収納扉を手前に倒すかたちにして、扉を机にして作業するスペースを設けました。パソコン作業が終われば扉を閉めて、そのまま片付けられるようにして、雑然となりがちなパソコン作業台を隠すことができます。

→「お客様の声」が掲載されています

space-white

住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com

(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ