工場事務所オフィス建物のRC造基礎地中梁構造配筋検査

建物の基礎は鉄筋コンクリート

建物の構造は大きさや使い方によって相応しい種類(木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造)が選ばれます。ただそれは地上から上の部分のもので、地上から下の基礎構造は原則鉄筋コンクリートになります。これは建築基準法でも定められています。

地中に埋められた基礎が設けられるのは、地上の構造体が地震や風の力を外部から受けてもズレたり、傾かないためです。また地面は常に湿気を帯びているので、水分による構造体の腐食を防ぐためでもあります。

詳細に決められている鉄筋のかたち

鉄筋コンクリートは、砂と石とセメントと水を混ぜ合わせて固まるコンクリートの中に鉄の棒(鉄筋)を差し入れたものです。コンクリートは外側から押される力には強いですが、外側に引かれる力には弱い性質があります。引かれる力に弱い性質を補うために鉄筋が差し込まれて、引かれる力には鉄筋が耐えるようになって強固な構造体になります。

鉄筋コンクリートは初めに鉄筋が組み立てられて、次に鉄筋の外側にコンクリートを流し込むための箱(型枠:かたわく)を組み立てて、そこにコンクリートを流し込んで固まれば型枠を外して出来上がります。

中に差し込む鉄筋は各部材によって組み立て方が詳細に決められています。鉄筋の形、太さ、鉄筋通しのつなぎ方、鉄筋の埋め込み方、並べる間隔、外側からの離れが決められていて、これらをコンクリートが流し込まれる前に検査します。

地中梁配筋検査

配筋検査

鉄筋の検査

組み立てられた鉄筋は型枠にコンクリートが流し込まれると見えなくなってしまうので、鉄筋が組み立てられたらすぐに設計通りになっているかを確認します。これを「配筋検査」と呼んでいます。

構造設計担当者も立会って入念に確かめられます。建物の種類によっては、我々監理者以外の第三者の検査も行われることもあります。

配筋検査はコンクリート打設前に各部材毎に全て検査されて合格後、コンクリートが型枠に流し込まれます。

→「お客様の声」が掲載されています

space-white

関連解説記事リンク—構造—

合わせて読みたい関連記事

◆横浜の工場事務所オフィス「関東洗機工業」

関連解説記事

事務所オフィス・工場・倉庫

設計実績

◆「東京新橋企業本社オフィスビル建物新築建替

◆「東京市谷の企業独身寮

◆臨海町道路内駐車場管理事務所

「神保町オフィスの階段増築」

東京新橋賃貸ビル「MKプレイス」


無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ