ル・コルビュジェのドミノシステムで工場事務所構造骨組みを建てる

ドミノシステム

「ドミノシステム」は、スイス生まれで主にフランスで活動した建築家 ル・コルビュジエ(1887年〜1965年)が提唱した住宅建設の規格化方法です。

鉄筋コンクリート造の床(水平スラブ)を支える柱、そして上下階を結ぶ階段という最小限の要素で構成された部材によって、住宅を大量生産するために考案されたシステムです。

ドミノシステムを表現した立体図(1914年)

近代建築の五原則

後にル・コルビュジエは、「住宅は住むための機械である」(著書「建築をめざして」1923年)や「近代建築の五原則」(ピロティ・屋上庭園・自由な平面・自由な立面・連続水平窓)を提唱します。その提言の技術的背景になったものがこのドミノシステムであると考えられます。

ドミノシステムの導入

建物を建てる場合、その構造骨組みをはじめとする部材が規格化されて品質が確保されコストも下がることは理想的です。どんなにオーダーメイドの建物であっても、構造骨組みの組立は最小限の要素で安全を確保されることが命題であり実践されています。

ル・コルビュジェが提唱したドミノシステムは鉄筋コンクリート造ですが、地震国である日本では鉄骨造でこのシステムが多数採用されています。

関東洗機工業様の事務所建物は、鉄筋コンクリート造の床と鉄骨の柱と階段で組み立てられています。上の写真は、鉄骨骨組みが現地で組み立てられた時点の状況です。このあとに鉄筋コンクリート造の床の鉄筋とコンクリートは現地で組み立てられたり打設されますが、鉄骨造の柱や階段は工場で製作され現地に運び込まれて組み立てられました。この方法により、

  • 工期の短縮
  • 構造部材の品質確保
  • コストの抑制

が、実践されています。

骨組みに屋根や外壁、窓サッシや階段が取付けられて完成します。

→「お客様の声」が掲載されています

space-white

関連解説記事リンク—構造—

合わせて読みたい関連記事

◆横浜の工場事務所オフィス「関東洗機工業」

関連解説記事

事務所オフィス・工場・倉庫

設計実績

◆「東京新橋企業本社オフィスビル建物新築建替

◆「東京市谷の企業独身寮

◆臨海町道路内駐車場管理事務所

「神保町オフィスの階段増築」

東京新橋賃貸ビル「MKプレイス」


無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ