賃貸事務所オフィスビルの杭打設工事の品質監理—改ざん防止

工事の一番初めに、建物本体を地中の堅い支持地盤に載せるために、地中に指す棒=杭を打設する工事が始まりました。

杭工事

はじめに現場に納入された杭(今回は鋼管杭)が、設計図通りの仕様になっているかと長さを確認します。確認後、実際の杭が地中に打込まれます。

150826-sinbai-kui1

150826-sinbai-kui2

150826-sinbai-kui3

支持地盤の深さは地表面から27mの深さです。本体建物の約2倍の深さです。地表面に土が未だある状態で、専用の重機によって杭が打込まれます。

品質監理を行って改ざんを防止する

横浜のマンションで起こった、杭の工事内容の改ざんによる問題で、以前の解説ブログで、その防止策は工務店様とは独立した監理者を置き、工事内容の監理監督を徹底することが、不正や改ざんを防ぐ唯一の方法であることを説明しました。

マンション杭施工不良データ改ざん防止対策

今回も杭が打設されて、支持地盤にしっかり到達したことの確認も現地で行い、品質監理が行われました。

→「お客様の声」が掲載されています

space-white

合わせて読みたい関連解説記事

東京新橋賃貸ビル「MKプレイス」

事務所オフィス・工場・倉庫

設計実績

◆「東京新橋企業本社オフィスビル建物新築建替

◆「東京市谷の企業独身寮

◆「臨海町道路内駐車場管理事務所

「神保町オフィスの階段増築」

東京新橋賃貸ビル「MKプレイス」

◆横浜の工場事務所オフィス「関東洗機工業」


収益建物の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈長く満室を確保する賃貸アパートマンション〉を実現して下さい。


ご相談の初回は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。計画ヴォリュームプランや詳細な間取りプランを作成したり、事業収支計画を立案する場合は費用が発生する場合があります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ