賃貸事務所オフィスビルRC造の施工図と鉄筋配筋検査監理

工事前に施工図を確認する

建築の工事は、設計図を基にしてどのように実際に工事を行うかを確認するためにも、工務店様が施工図を作成してこれを確認します。この施工図は非常に重要な役目をしていて、

  • 工事方法や設計図の仕様を確認するため
  • 実際の現場職方さんや施工を行う方のため
  • その後に工事を行う仕上工事や設備工事のため

様々な役目がある図面で、施工図が完璧になるまで、工務店様と監理者で何度もやり取りされて、監理者の承諾後に材料手配や現場工事の段取りが進められます。

鉄筋の配筋検査

設計図から読み取られた施工図が確認承諾されると、必要な製品は工場などで加工製作され、現場に納入されます。コンクリートの中に埋め込まれる鉄筋もそのひとつで、現場納入後、現地で組み立てられます。組立が終わった段階で、監理者の配筋検査を行います。

150924-sinbasi-B1

151007-sinbasi-1F

鉄筋の種類、太さ、配置の間隔、引き抜きを防止するための処置、型枠パネルまでの距離(かぶり厚さ)等々すべてに渡り確認します。多少の間違いもありますが、直ぐに修整を行っていただき、コンクリート打設の承諾をさせていただきました。この配筋検査は、すべての部分で行われ、地下躯体、地上躯体、組み上がる毎に検査が行われます。

施工図確認→鉄筋配筋工事→配筋検査→型枠工事→コンクリート打設→鉄筋配筋工事→配筋検査→・・・上棟するまで続けられます。

→「お客様の声」が掲載されています

space-white

合わせて読みたい関連解説記事

◆耐震関係・配筋検査関係

東京新橋賃貸ビル「MKプレイス」

事務所オフィス・工場・倉庫

設計実績

◆「東京新橋企業本社オフィスビル建物新築建替

◆「東京市谷の企業独身寮

◆「臨海町道路内駐車場管理事務所

「神保町オフィスの階段増築」

東京新橋賃貸ビル「MKプレイス」

◆横浜の工場事務所オフィス「関東洗機工業」


収益建物の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈長く満室を確保する賃貸アパートマンション〉を実現して下さい。


ご相談の初回は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。計画ヴォリュームプランや詳細な間取りプランを作成したり、事業収支計画を立案する場合は費用が発生する場合があります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ