工場生産施設建物や高額機械設備を守る免震構造建物

大地震の被害

東日本大震災で、工場の屋根や床壁などが損傷して機械が壊れてしまったり、建物は破損しなくても生産機械が倒れたりずれたりして壊れてしまい、機械を修理したり新たな機械に交換することで、工場を再稼働するのにとても時間が掛かったという話しを沢山聞きました。

建物や機械が壊れても地震保険を掛けていたので修理代などは保険で充当できたが、機械が再稼働して製品が出荷できるまで時間が掛かり、その間にお得意先への迷惑が掛かったり、他へお客様が去ってしまった損失は、非常に大きな損失だったとのお話しがありました。

地震対策

多額の設備投資をした生産機械を守るにはどうすれば良いか、対処する方法は2つあります。

(1)機械を免震装置の床盤の上に設置する(床免震)
(2)工場を免震構造に建て替える(免震構造建物)

機械もしくは建物と機械を守り、電源や材料が確保できれば操業が開始出来ます。

免震にした効果

今までに相談をいただいた会社の方の話しをまとめると、

(1)床免震にする
(2)免震構造の工場にする ことで、

機械が壊れて取り替えたり、生産中止期間の損失費用と比較すると、免震の技術を導入することは費用としては安価で効果が高く、被害を最小限に止めて納品先への迷惑を掛けないため、採用される企業様が多いです。

 ▷関連解説記事 →「免震構造建物の設計と金額費用坪単価相場」

space-white

合わせて読みたい関連解説記事

事務所オフィス・工場・倉庫

構造・耐震・免震・木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造

設計実績


企業施設の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈生産性の高い工場や企業理念が表れるオフィス建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ