アパートマンション収益物件の規制と課題を解決する建築家

新たにアパートマンション収益物件を計画すると、思いの他様々な法令による建築制限や掛けなければならない費用が掛かり、大家さんが想像していたような建物にならないことがよくあるようです。

建築法令

それは第1に建築の法令(建築基準法や消防法、各市町村条例)による制限です。

最低敷地面積限度制限、建物用途制限、建ぺい率、容積率、北側隣地高度斜線制限、日影規制、絶対高さ制限、住戸最低限度面積制限、耐火及び防火建築物制限、避難階段や避難通路の確保、排煙設備、採光確保、消防設備、駐車場、駐輪場の確保、緑化対策義務、雨水排水設備設置義務、など等様々です。

規制を受ける対象建築物の場合は、必ずクリアしなければなりません。

工事費の抑制

第2には、工事費用の抑制です。お金を掛ければほとんどのコトは実現可能です。収益物件ですから、そうはいきません。それでも、安かろう悪かろうでは成立しません。いかに少ない投資で高い収益を上げられるかがテーマですから、飽くまでも最低限度の予算の中で、丈夫で長持ちの建物を実現します。

工事者の資質

第3には、設計をし、施工する方達の意識、技術が相応に高く達しているかという問題があります。実現が困難とも思える条件をクリアするには、単純に安い賃金単価の技術者だけでは達成できず、高い能力を持った技術者でなければ、検討、解析、設計、提案、実現は困難です。工事を請負う工務店の資質を慎重に選ぶことも大事な要素です。

このような様々な制限が土地の位置と形状、予算費用、建物用途規模、構造によって異なるので、一辺倒の技術や方法しか持たない方々には、到底解決、実現出来ません。柔軟で豊富な設計技量と工事技術が必要です。

関連解説記事リンク—計画方針や悩み解決—

合わせて読みたい関連記事

賃貸収益建物・アパート・マンション

大家さんの悩み

皆(大家・入居者・周囲住民)の満足

新たな事業の方針で設計事務所が出来ること

設計事務所だから出来ること

設計実績

◆「立川のロフト付き賃貸アパート併用住宅 木造耐火建築物

◆「品川のロフト付賃貸木造アパート

◆「杉並のロフト付賃貸木造アパート

◆「渋谷のロフト付賃貸木造アパート

◆「世田谷のロフト付賃貸木造アパート

◆「東京市谷の企業独身寮

◆「湘南茅ヶ崎市辻堂駅のRC造共同住宅賃貸アパート」

◆杉並永福の木造3階建て共同住宅賃貸アパート

◆「横浜のマンション大規模修繕」

「神楽坂のマンションリフォーム」


収益建物の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈長く満室を確保する賃貸アパートマンション〉を実現して下さい。


ご相談の初回は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。計画ヴォリュームプランや詳細な間取りプランを作成したり、事業収支計画を立案する場合は費用が発生する場合があります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ