工場事務所オフィス建物の鉄骨造費用建築コスト坪単価工事費相場

間取りの検討と概算見積

横浜の工場施設内の事務所建物の移転計画で、新たな建物の構造は、建設コスト抑制のために間取りプランを木造でも鉄骨造でも成り立つように考えて進められました。間取りプランが定まる前に建設コストの概算見積を行なって、構造の形式を木造にするか鉄骨造にするか定める方針にしました。

間取りプランは、まずは既存建物の各部門の規模を確認しました。そして新しい事務所建物に組み込む機能を改めて精査し、これまで既存建物から離れた場所にあって事務所とは密に繋がる必要がある部門と、他の場所にあった方が効率が上がる部門の見直しが行なわれました。

工場施設内の各部署の抜本的見直しと編成替えは、施設建物の建替え時が絶好の機会です。長い年月で各部門の役割やつながりが変化して、配置が遠かったり離れて不便だったりしたところの見直しが出来ます。今回も事務所間取りプランの決定までは長い時間を掛けて、検討が重ねられました。

木造と鉄骨造

新しい事務所建物に組み込まれる部門と、各々のつながりと機能の検討が重ねられ、間取りプランが定める前に、構造形式を木造にするか鉄骨造にするか判断するために、概算工事金額の試算をしました。

会社様は、木造にした場合と鉄骨造の場合の総額とその差をつかんで、構造形式を決めたいご希望がありました。

構造形式別の工事金額の試算

同じ間取りプランで、構造形式を木造もしくは鉄骨造で工事金額がいくらになるかの試算をしました。

近年の坪単価の平均と建物仕様から、

  • 木造・・・75万円/坪
  • 鉄骨造・・100万円/坪

と予測しました。

すると木造と鉄骨造の坪単価の差は25万円/坪となり、全体では1500万円の差となりました。

この金額の差に対して、会社様は木造の短所と鉄骨造の長所を良くご理解しておられました。

  • 木造の短所・・・事務所や車庫に柱が立つ、耐震壁が必要
  • 鉄骨造の長所・・柱は端部立てるだけで済み広い空間が確保できる、階高を高くできる、耐震壁が要らない

この短所と長所の差が金額の差で、工場および会社にとってその差は真っ当であることを理解してくださいました。

最終的に、地上階の車庫ピロティの天井高さを4トントラック車両も止められることが必要と認められ、途中に柱を立てなくて済み、階高を高くできる鉄骨造が選ばれました。

鉄骨造の坪単価平均

構造形式が選ばれて、間取りプランが定まって、詳細設計が進められました。設計図がまとめられて、工事金額の見積が依頼されました。

最近の鉄骨造の工事金額坪単価と今回の建物の金額を含めて、鉄骨造の工事金額坪単価を平均すると、130〜150〜180万円/坪となっています。

建物規模、仕様が違うので一様な平均値とはならず飽くまで参考値として捉えて下さい。

なお坪単価は建物本体で、既存建物解体工事、杭工事、外構工事、設計監理料の金額は含んでいません。

→「お客様の声」が掲載されています

関連解説記事リンク—コスト—

合わせて読みたい関連記事

◆横浜の工場事務所オフィス「関東洗機工業」

関連解説記事

事務所オフィス・工場・倉庫

設計実績

◆「東京新橋企業本社オフィスビル建物新築建替

◆「東京市谷の企業独身寮

◆「臨海町道路内駐車場管理事務所

「神保町オフィスの階段増築」

東京新橋賃貸ビル「MKプレイス」

◆横浜の工場事務所オフィス「関東洗機工業」


無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ