二世帯住宅の4畳半琉球畳和室を多目的に使う

リビングダイニングとは分ける

二世帯住宅の子世帯のリビングダイニングは天井の高い吹抜け空間です。隣りに4畳半の和室を設けて琉球畳を敷いて、様々な用途に使える部屋にしました。

二世帯住宅吹抜リビング対面キッチン和室

風通しを良くする

リビングダイニングの窓を開け、和室の窓を開けると、東西に長い建物の風通しを良くすることが出来ます。

和室四畳半琉球畳障子窓

着替えの小室

日々の暮らしの中で、服装の着替えをその度毎に2階の寝室に行くのは面倒です。そこで着替える服だけは収められる収納を設けて(階段下収納と箪笥家具)、引戸ふすまを閉じると目隠しが出来るようにして、リビングとは仕切れて着替えが出来る部屋にしました。

和室四畳半琉球畳障子窓通常は開放されていて風通しを良くしている。

和室四畳半琉球畳障子窓収納されている3連引戸を閉じると間仕切れて・・・

和室四畳半琉球畳障子窓着替えや客の寝室、急な来客時の収納になれる

来客時の荷物置場に

急な来客があって、散らかっているモノを片付けている暇がないときはこちらに収めて、ふすまを閉じれば収まります。

昼寝をする

昼寝がしたくなったら畳の上で休めます。リビングダイニングはフローリングなので気が引けますが、畳に座布団で枕をすれば気持ちの良い昼寝が出来ます。

和室四畳半琉球畳障子窓

お客様の寝室になる

お泊まりになるお客様の寝室になれます。リビングダイニングとはふすまで仕切れ、トイレも近くにあって便利です。

様々な利用が出来る小間ですが、このような部屋を設けることで、広いリビングダイニングをより有効に使うことが出来ます。

→「お客様の声」が掲載されています

space-white

住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com

(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ