防犯と視線を遮断する植栽窓フィルムカーテン−木造3階住宅リフォーム

世田谷の木造3階建て住宅リフォーム改修の防犯対策で、外部からガラス窓を破りこじ開けて侵入しようとすることを妨げるには、透明の防犯フィルムをガラスに貼ることで解決しました。

窓の外から視線を遮る

それとは別に周囲の方々からの視線をどうやって遮るかの悩みがありました。それは防犯とは違い、他の方策で解決する必要がありました。

内側にカーテンを設けることは決まっていましたが、カーテンを開け放ったとき、外から見られてしまう懸念がありました。さらに今回は内部に設けるステンドグラスの背景となる必要もあり、一筋縄では決められない難しい課題となりました。

隠す方法

窓の環境として選べられる方法は、

  • ブラインドシャッター
    /シャッターの羽根板が回転する
    回転角度は調節できる
  • スリットシャッター
    /羽根板と羽根板が離れて、スリット状に開く
  • 植栽/常に緑の葉が茂っている植木を窓前に植える
  • ミラーフィルム
    /外側からはガラス面が鏡になって内部が見えない
    内部からは外部は暗く見える(サングラスみたい)
    夜間は外から内部は見えるので、カーテンを閉める
  • グラデーションプリントフィルム
    /透明からスリガラスの面になるように
    段階的に見えない印刷がされているフィルムを貼る
  • 乳白フィルム
    /スリガラスのように見えるフィルム
    視線は遮断して、外部の明るさは内部に取り込める
    和紙の障子のようになる

これらの要素を組み合わせて、外部からの視線を遮断して、かつステンドグラスの背景にもなれる組み合わせを検討しました。

結果として、ステンドグラスの背景になるものとして常緑樹の植栽が植えられ、ガラスには内部が暗くならない程度の鏡ミラータイプのフィルムを貼ることになりました。

space-white

合わせて読みたい関連解説記事

「世田谷木造3階建住宅リフォーム」

改修リフォーム・大規模修繕・用途変更・耐震改修

設計実績

「箱根別荘バリアフリー耐震断熱リフォーム」

「中古マンションリフォーム@武蔵小杉」

「東京市谷の企業独身寮」

「横浜あるが歯科クリニック リフォーム」

◆「横浜のマンション大規模修繕」

「神楽坂のマンションリフォーム」

家づくりのしくみ・建築家の役割

家の費用・安く建てる工夫・設計料・保証

費用

設計料

保証

安く建てる


住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ