傾斜地に建つ古い別荘セカンドハウスで耐震補強―箱根の別荘

なるべく壊さない方針

箱根の傾斜地に建つ平屋の別荘は、築30年を超えていて、安全性や便利さを考えれば建て替えも考慮に入れました。ただ建物自体痛んでいる様に思えないこと、ご家族の沢山の思い出が詰まっているという理由から、相談と検討の結果、耐震補強を行って安全性を高めて維持改修をするという方針になりました。

耐震改修

耐震補強工事

構造的な現地検査を行い、少しでも耐震補強が追加設置出来る部分を検討した結果、地震の揺れにより建物が水平方向に揺れない様にする耐震壁の付け足しと、傾斜地に特有の建物自体が地面に付いていない迫り出し部分の基礎コンクリートと土台の取替えを行いました。

耐震壁の補強付け足しでも、開口窓などはそのままにしながら、柱と柱に挟まれた部分で壁となる部分を選んで揺れを止める耐震壁を増やして、耐震補強を行いました。

space-white

合わせて読みたい関連解説記事

改修リフォーム・大規模修繕・用途変更・耐震改修

設計実績

「箱根別荘バリアフリー耐震断熱リフォーム」

「中古マンションリフォーム@武蔵小杉」

「東京市谷の企業独身寮」

「世田谷木造3階建住宅リフォーム」

「横浜あるが歯科クリニック リフォーム」

◆「横浜のマンション大規模修繕」

「神楽坂のマンションリフォーム」

構造・耐震・免震・木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造

設計実績

家づくりのしくみ・建築家の役割

家の費用・安く建てる工夫・設計料・保証

費用

設計料

保証

安く建てる


住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ