直床にOAフロア床下地とコンセント

千葉の事務所建築の広い執務空間で、部屋の雰囲気を明るくされたいご相談をいただいた部分では、コンセントやネットケーブルは壁付けの設備で、自由な机のレイアウトをするためにも、床下に配線をしたいご希望もいただきました。

床上を這う電気配線

現状は、床上に電線を這わせ、机の下に潜らせる方式で、電源やインターネット配線を巡らせていました。

床上に這わせた配線には、テープを貼って靴に引っ掛からないように養生していましたが、どうしても見苦しいということでした。

フリーアクセスフロアにしたい

そこで現状の床の上に電線配線を通す隙間を作るフリーアクセスフロア=OAフロアを敷き、かさ上げして、電源ケーブルとインターネットケーブルを配線することにされました。

現状床にOAフロアを載せて配線する

既存のカーペットタイルを全て撤去すると、コンクリート床スラブが現れました。その上に高さ5センチの樹脂製のフリーアクセスフロア=OAフロアが敷かれました。この高さの中に、電線を配線します。

ーコンセントが自由に設けられる

フリーアクセスフロア=OAフロアの上には新たな45センチ角のカーペットが敷かれます。カーペットはずれないように裏にノリが付けられますが、端を剥がすことはできます。

カーペットの端を剥がしたところに配線を引き出します。引き出す場所は机の下で目立たないようにできます。

自由なデスク配置が可能になる

この配線方法により、どの部分でも電線が取り出せるようになり、自由な机の配置レイアウトが可能になりました。

OAフロアが上がる部分

5センチのOAフロアは、周囲の床部分とは段差ができます。その段差は扉の部分や出入り口の部分で設けて、床の段差で転ばないようにします。どうしても広い場所で段差を設けなければならないときは、段差を斜めにして急な床の段差をなくすことにしています。

企業施設の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈生産性の高い工場や企業理念が表れるオフィス建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ