事務所の明暗印象ー凹凸の影で暗い印象の壁を明るくする

部屋の明暗の印象

部屋の床面の照度をいくら明るくしても、明るいと思えない部屋があります。例えば、壁面に黒い石や濃い茶色の木の板を貼った部屋などがその例えになります。黒色や濃い茶色はいくら強く照らしても黒は白くならずに黒のままで、部屋の明暗印象は実際の床面の照度よりも周囲壁画の色彩や明暗の印象によるからです。

ある事務所建物の広い執務空間で、お客様から「この暗い事務所を明るい空間に改修して欲しい」とご相談をいただきました。

既存の事務所の印象

ご相談をいただいた部屋を見ると、

  • 壁面に凸凹がある
  • 凸凹が影を作っている
  • 沢山の種類の器具が取り付けられている

上記のような状況で、壁面の影と雑然さが暗い印象を与えていると受け取りました。

改修方針

改修の方針を以下のように定めました。

  • 壁面の凸凹を無くして影を無くす
  • 壁付けの器具は取り替えて目立たなくする
  • 視線に入る壁面を明るく照らす照明器具を設ける

としました。

改修工事

一旦執務空間の家具を移動して工事が始まりました。

凸凹の壁面線を統一して単純化して影をなくし、取り付いていたスイッチを集約して整然と並べて気にならないようにしました。

壁面を均一に照らす照明器具=ウォールウォッシャーダウンライトも追加して、壁面を明るく見せられるようにしました。

結果、暗いと思っていた執務空間を明るいオフィス空間に変えることが出来ました。

企業施設の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈生産性の高い工場や企業理念が表れるオフィス建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ