患者様視線の歯科医院クリニック診療所内装方針

急患を受け入れる

医院診療所の診療方針は、医院先生によって全く異なります。草加市の藤巻歯科様はこれまでも患者様の希望第一に考えて来られたとのことです。

歯科医院はそのほとんどが次回診療日時を予約して診療するという方針を取って居られますが、突発的な歯の痛みや事故などの急患対応を積極的に行って来たそうです。

そこで今回の移転内装も、患者様視線第一の方針にして欲しいとご希望をいただき、内装設計が始められました。

診察室の間接照明

医院クリニック間取りプラン工事金額坪単価

診察室で患者様は診察椅子に座ります。座ってお話しをした後、治療が始まりますが、治療は体が水平になるまで椅子が傾きます。すると患者様は天井を見ることになります。このとき、一般的には天井には床に向けられた照明器具が並んでいるので、患者様は照明の光源を見ることになりとても眩しい思いをしています。

医師先生や衛生士様は診療や処置は下を向いていますので、天井の照明器具は眩しくなく、気付きにくい点です。

床面下方に向いている照明器具を、天井面上向きの器具にして天井を照らし、間接照明にして診察室全体を明るくして、患者様には眩しくない照明器具にしました。

待合室を広く

医院クリニック間取りプラン工事金額坪単価

完全予約制でも、患者様は待合室において多少の時間を過ごします。診察を待つ患者様が少ない場合は問題ありませんが、込み合うと患者様同士は詰めて座らなくてはいけなくなり、出来るなら互いに触れて座りたくなくて立って待ってしまいます。待合室における不快感は、医院に対する不満になってしまい、果ては診療に来なくなってしまうこともある様です。

そこで待合室は出来るかぎり広くして、患者様同士が気を遣うことなく診察を待てるようにすることとしました。座る椅子も一人ひとり座れる椅子にして、隣り合っても触れ合わない椅子を選んでいただき、患者様の負担を少しでも無くすようにしました。

プライベートな相談ができる手術室

歯科医院の診察室は仕切りのない部屋に複数の診察台が並んでいることが多いです。今回も4台の診察台が患者様同士の視線は遮っても、1つの部屋に並んでいます。これは医師先生や衛生士様たちの診察や治療のし易さや効率を考えてのことでもあります。

診療を始める前に医師先生と患者様は、患者様の痛みや悩みを聞いてどのような治療を行うか、またその治療にはどのくらいの時間や費用が掛かるのかをお話しします。医師先生にとっては誠心誠意の診療治療ですからお話しをされるとは思いますが、患者様にとっては他の患者様に聞いて欲しくないことや、医師先生だけにお話ししたいことがあるはずです。しかし隣りに患者様がいることが分かっている時は、話したくても話さないことがあるかもしれません。医師先生にとっても、患者様から痛みや悩みは全て話していただきたいものです。逆に全てを知っていないと、正しい治療は出来ないかもしれません。

そこで診察台を1台だけ間仕切壁がある隔離した部屋にしました。手術室として、他の患者様とは離れて医師先生と患者様が1対1でお話しができる空間を設けることで、患者様の痛みや悩みを全てお話し出来るようにしました。

関連解説記事リンク—計画方針や悩み解決—

合わせて読みたい「藤巻歯科医院」の設計解説

◆草加市の新築ビル歯科医院移転内装「藤巻歯科医院」

医院クリニック診療所・クリニックビル・高齢者施設

設計実績

◆「横浜戸塚踊場おおつ歯科クリニック

◆「横浜戸塚踊場おおつ歯科クリニック 追加看板サイン

◆「横須賀衣笠あつ歯科医院

◆「横浜あるが歯科クリニック リフォーム

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

新横浜精神科デイケア「しんよこメンタルクリニック」

◆草加市の新築ビル歯科医院移転内装「藤巻歯科医院」

◆茅ヶ崎「奥津歯科医院併用住宅」改修模様替えリフォーム

◆「三鷹文久堂整骨院デイケアサービス

◆「鎌倉泉水橋とうどう内科小児科リハビリクリニック

◆「鎌倉泉水橋十二所調剤薬局」

◆「大磯ことぶきや薬局」仮設調剤薬局店舗

◆「鎌倉泉水橋医療クリニックモールビル

◆「南町田クリニックビル1+2

◆「横浜西寺尾介護付有料老人ホーム


医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ