歯科医院診療所の待合室受付診察室区切る窓壁扉カルテ収納棚

待合室と診察室の隔離と子どもの見守り

歯科医院では患者さんが診察を待つ待合室と、診療を行う診察室は、保健所の規則により明確に区切らなければなりません。

主に子どもたちの歯の診療を行う「がくえんのもり小児歯科」様では、自由に歩き廻る子どもたちに動きに制限をお願いするようなことはしないで、気ままにしていてもらいたいというお考えでした。ただし本当に子どもは自由に動くので、出来る限り死角が無く、見守もれる室内にしたいというお考えでした。

そこで待合室と診察室をワンルームにして、医院の人達も様々な場所から目が届く医院にしようということになり、保健所の規則を守りながら工夫をすることになりました。

待合室と診察室を区切る

待合室と診察室を区切るものを壁ではなく、受付カウンターやカルテ棚、格子状の窓などの造作家具を並べて区切ることを考えました。

受付カウンター

受付カウンターの高さは約1メートルで、その上に垂れ壁や吊り棚を設けなければ上部は開放されます。カウンター内に居れば、椅子に座った状態でも待合室と診察室を見渡すことが出来ました。

カルテ棚

患者さんのカルテを収納する場所について、どの部屋にするか検討がされて、最終的に受付カウンターの直近が良いということになり、受付カウンターの後ろに、天井に伸びるように蓋をつけて設けられました。ただし最上部は空気を流すように開放されました。

窓壁

待合室側の仕切りは、診察室の様子は伺える格子状の窓を天井まで伸ばして仕切ることにしました。格子の中にはめられている透明板はガラスにしないでアクリルにして、割れにくく飛び散りにくいようにしました。こちらの最上部も空気を流すように開放されました。

待合室と診察室を行き来する部分には、高さの低い扉を取り付けて、大人は相互に見渡せるようにされました。

space-white

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ