医院クリニック待合室のプライベート個別一人掛け椅子チェア

港区新橋の「にじいろクリニック」様の内装設計では、クリニックのインテリアデザインはシンプルにされたましたで、移動できる椅子や什器品は、色彩りのある品をお選びいただく様、医師先生にはお勧めしました。

待合室の椅子

クリニックの待合室の椅子は、ベンチ式の長椅子が使用されることが多く、より多くの患者様に効率よく座っていただきたい主旨で置かれています。

しかし現実は逆で、患者様同士が接したくない気持ちから、間に空きを設けて座ります。すると長椅子に座れる人数の半分しか座りません。そして間を置いて座った後は、その空きに入ることなく、立って診療を待たれています。

そこで、待合室の椅子は、一人掛けの椅子をお勧めしています。

  • 患者様の各個のプライベート確保
  • 感染拡大防止で密にならないこと
  • 感染状況に応じて間隔を自由に調整できること

が、その理由です。

椅子選び

待合室の椅子は、部屋を広く見えるために脚が細い棒状になっていて視線を遮ることのない「シェル」と呼ばれる椅子をお選びになりました。

さらに成人の方を主に診療することから、背と座が落ち着いた色の種類の違う色が混ざ流ようにされました。

医院待合室個別椅子チェア

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の30年を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-721-6566
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ