仮設営業薬局店舗建物の工事順序

神奈川県大磯町のことぶきや薬局様の建替えで、建替え工事中は隣地に仮設薬局を建てて継続営業するために、仮設店舗をプレファブ建物で建てることになりました。

調剤室と販売店舗部分が分けられた設計図の作成完了後、順番に建設段取りが進められました。

設計図をもとに工事金額見積

はじめに工事をしてもらう会社を選びます。設計図を渡して工事金額のお見積を依頼します。

今回は仮設建物ということと、予算を抑えるために、

  • 仮設建物本体
  • 内装+設備

を会社を分けて見積を依頼しました。工事の種類、特に仮設建物=プレファブ建物は特殊な工事種類で、得手不得手があるために分けました。

場所確認―縄張り

仮設建物の位置を敷地の境界線と杭からの距離を測って定めます。設計図の建物配置図に記載されている寸法で、建物の位置を決める大事な作業です。

配筋検査

建物の地中基礎コンクリートの中に埋められる鉄筋が、設計通りに造られているか検査します。写真は「布基礎(ぬのきそ)」の鉄筋の配筋状況です。

  • 使われている鉄筋の種類と太さ
  • 鉄筋の形と配置間隔
  • 鉄筋と鉄筋のつなぎ方
  • コンクリートの中に埋められたときの表面からの距離(被り厚さ寸法)

これらを確認することを配筋検査と呼びます。

本体プレファブ建物完成

基礎コンクリートが打設されて、コンクリートが固まって必要強度が確認されると、建物上屋が組み立てられます。プレファブ建物ですから、1日で完成しました。

内装設備工事

組み立てられた建物に必要最小限の内装を施しました。薬局に必要な調剤室とトイレの間仕切り壁です。設備は換気設備と照明設備、調剤室の流し台とトイレの便器を取り付けていただきました。

完成検査

建築基準法と消防法、そして保健所の完成検査を受けて合格しました。こちらで完成です。

 

引越し

薬局の引越しは、薬局様ご自身で行われました。既存薬局の商品棚や家具を継続利用してレイアウトを行っておられました。

開局

保健所の開局許可、建築基準法の完成検査済を得て、既存薬局からの引越しを終えて、無事開局されました。

調剤薬局の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、調剤薬局開局や改装のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんの希望に添える確かな調剤薬局〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ