子ども小児歯科医院クリニックの診察室内装デザイン設計図

つくば市学園の森に新たに開院された「がくえんのもり小児歯科」様の内装設計と工事では、小規模な医院であることと、子どもを常に見守れるように、間仕切り壁を可能な限り無くして広く見せたり、子どもが隠れないように死角をなくすよう心がけられました。

間仕切り目隠しを設けない

診察室は初めは2台の診察台ユニットで、将来1台増設する方針で、個室にしないで、さらに診察台と診察台の間にも目隠しになるようなものは一切置かず、オープンな医院になるようにされました。

整形な診察室に2台の診察台が置かれているだけです。

片方の壁には、

  • 消毒室
  • X線室
  • 相談室
  • スタッフルーム

の出入り口扉が並び、

もう片方は、

  • 洗口台
  • 手洗い作業台

が並べられています。

個室にすると増えるもの

ただ、診療治療が長時間におよぶ患者さんも予想され、長時間の診察台のストレスを和らげるために、いずれかの方法で診察台の1台を囲える方法が必要になりました。

1台の診察台を他から見えないように囲う=間仕切りられることになります。この場合、安易に間仕切る何かを設けるだけでは支障が生じるので注意が必要です。

換気・エアコン

広い部屋の一部分を間仕切りで囲うと、空気の流れが変わるので、間仕切られたスペースは独立した設備が必要です。

特に空調エアコンや換気は、小さくとも個別の器具の設置が必要と思われます。

照明の切り替え

照明は、間仕切られた部分が独立して、スイッチがオン・オフ出来るようになっていると、便利です。その部分だけ安息するためにも消灯できると、使い勝手はより広がることになります。

ランマを開ける

広い部屋の一部を小スペースに区分する場合に、理想的には個別の空調エアコンや換気があることが望ましいのですが、小スペースにする利用が稀な場合は、個別に追加する設備は過剰なので、空気の通りが良いようにして、個別の設備をしないようにしました。

今回の医院部分は天井が高く、面積の狭さを凌駕する開放感がある容積感があります。

間仕切る面の高さを2メートルくらいに抑えれば、その上部(建築用語で欄間ランマ)部分を開放して、空気の流れを良くすれば、空調エアコン換気設備を個別に設けることなく、間仕切れることになりました。

間仕切り引戸か?カーテンか?

設備の問題をクリアした後は、どのように区分するか=間仕切りの形状方式はどうするかを検討しました。

検討当初は、左右に張られたレールから吊り下げられた板状の6枚の引戸が普段は壁際に収められていて、区切る時は引っ張られてスライド移動して間仕切られる方式を考えていましたが、子ども達がスライドした引戸に寄りかかると危険になる可能性があるのと、工事費が高額になることを踏まえて、カーテンで仕切ることになりました。

ユニットを斜めにする

診察室の限られたスペースに、長さが2メートルある診察台を壁に平行にして置くと、診察台の足元と頭部の手前は、一番狭くなることになります。

今回のテナント部分では、診察台の頭部の先に建物の出っ張り(設備配管を通すパイプシャフト)があり邪魔でした。その邪魔と思える出っ張り(パイプシャフト)から、診察台の頭部を遠ざけるように診察台を回転させると、壁と診察台の間に隙間が生まれ、医師先生や衛生士の診察するスペースが生まれ、さらには付き添う家族が座って待てるスペースも生まれ、さらには患者さんの視線も隣りから離れる角度になり、非常に効率の良い配置になれました。

これは診察台と診察台の間に壁や目隠し板を設けていないから出来た配置と言えます。

最終的な配置になるまで時間は要しましたが、医師先生にとって納得をしてくださった診察室の配置になったと思います。

space-white

◆つくば「がくえんのもり小児歯科」解説記事リンク

関連解説記事リンク—内装インテリア—

医院クリニック診療所・クリニックビル・高齢者施設

設計実績

◆「横浜戸塚踊場おおつ歯科クリニック

◆「横浜戸塚踊場おおつ歯科クリニック 追加看板サイン

◆「横須賀衣笠あつ歯科医院

◆「横浜あるが歯科クリニック リフォーム

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

◆「三鷹文久堂整骨院デイケアサービス

◆「鎌倉泉水橋とうどう内科小児科リハビリクリニック

◆「鎌倉泉水橋十二所調剤薬局」

新横浜精神科デイケア「しんよこメンタルクリニック」

◆草加市の新築ビル歯科医院移転内装「藤巻歯科医院」

◆茅ヶ崎「奥津歯科医院併用住宅」改修模様替えリフォーム

◆つくば「がくえんのもり小児歯科」

◆「湘南大磯 ことぶきや薬局」解説記事

◆「湘南大磯 ことぶきや薬局」仮設調剤薬局店舗

◆「鎌倉泉水橋医療クリニックモールビル

◆「南町田クリニックビル1+2

◆「横浜西寺尾介護付有料老人ホーム


医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ