子ども専門小児歯科医院クリニック患者待合室コーナー

予約制の診療

歯科医院の診療の日時順番は予約制にされています。特に最近はインターネット通信による、

  • 診療予約
  • 診療時間状況案内

を行う医院が増えています。

来院される患者さんが車で来院される方が多く、駐車場が複数ある場合は、駐車場の車内で診察順番を待つ家族が増えていて、患者さん同士も、医院側も良いので医院の科目を問わずに導入されています。

それでも待合室は広い方が望ましく、診察を待つ患者さんが医院の場に慣れることや、事前の用足しを行うための場所として必要です。

つくばの「がくえんのもり小児歯科」様の待合室で様々な検討を加えて造られました。

可能な限り広く

医院が賃貸するテナントで開院するので。医院全体の面積が決められていて、診察室やX線室、消毒室やスタッフルームなどを振り分けられた中で、待合室は具体的な必要寸法基準がないので、とかく狭くなりがちです。

医師先生は、待合室が狭くなることで困ることがあることをご存知で、可能な限り広く確保することを目指されました。

家族の付き添い

最近の医院では、患者さんはご家族と一緒に来院する患者さんが増えて、待合室や診察室が狭く感じる既存の医院があると申される医師先生が多いように思えます。

子どもが通院する医院へは、保護者が付き添うと予想され、さらには子どもの兄弟姉妹も一緒に来てくださるので、待合室は広く確保する必要がありました。

持ち運べる椅子

子どもを主に診察する医院では、来院する患者さん達は家族で来院することが多い傾向にあります。

待合室で待つ場合も家族様々で、家庭に居るような気ままなスタイルで過ごされます。

そこで医師先生は用意する椅子を重く固定されているようなものではなく、持ち運びが出来るような軽い可動椅子を選び、ご家族が自由に待ってもらえるようにしました。

その方が遠慮なく椅子を動かし、空いたスペースを有効に使って寛いでくださることを期待されました。

診察に付き添う

子どもの患者さんに付き添って来られたご家族は、多くが診察室の診察台まで付き添われます。

本来は診療に支障になることもありますが、患者さんの安心のためにも、自由にされています。そのためにも診察台ユニットの周囲には広く空きスペースがあります。

また、待合室の椅子を持ち運びが便利な椅子にしたのも訳があり、待合室から自分で椅子を運んで診察室に行ってもらうことにされています。

目隠し窓壁

待合室と診察室の間は、医院が広く感じれることと、子ども達を見守れるように 壁を立てませんでした。

ただ、待合室の辺りから直接診察室の患者さんとは視線が合わないように、窓のような壁を設けて待合室と診察室を区切りました。

壁付き机

患者さんには自分で読書をする子どももいたり、読み聞かせをすることもあるので、コーナーの壁から突き出した机を設けました。宿題をする子どもにも便利なようにしました。

床マット

自分の住まいと医院とを区別なくリラックスして遊んで過ごす子どももいます。椅子に座らずに床に腰を下ろす子どものために、床にマットを敷かれました。

医師先生の子ども達への理解と思いやりの心遣いが散りばめられた医院と思います。

space-white

関連解説記事リンク—間取りプラン—

◆つくば「がくえんのもり小児歯科」解説記事リンク

医院クリニック診療所・クリニックビル・高齢者施設

設計実績

◆「横浜戸塚踊場おおつ歯科クリニック

◆「横浜戸塚踊場おおつ歯科クリニック 追加看板サイン

◆「横須賀衣笠あつ歯科医院

◆「横浜あるが歯科クリニック リフォーム

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

◆「三鷹文久堂整骨院デイケアサービス

◆「鎌倉泉水橋とうどう内科小児科リハビリクリニック

◆「鎌倉泉水橋十二所調剤薬局」

新横浜精神科デイケア「しんよこメンタルクリニック」

◆草加市の新築ビル歯科医院移転内装「藤巻歯科医院」

◆茅ヶ崎「奥津歯科医院併用住宅」改修模様替えリフォーム

◆つくば「がくえんのもり小児歯科」

◆「大磯ことぶきや薬局」仮設調剤薬局店舗

◆「鎌倉泉水橋医療クリニックモールビル

◆「南町田クリニックビル1+2

◆「横浜西寺尾介護付有料老人ホーム


医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ