小児歯科医院クリニックの消毒室のスウィングウェスタン扉

子ども達の歯の診療を主に行うつくば市の「がくえんのもり小児歯科」様で、使用した診療器具を洗い消毒滅菌する消毒室の出入り口に取り付けられたウェスタンスウィング扉は、

  • 子ども達が消毒室に入らない
  • 腕で押して入れる
  • 空調環境を開放する

の理由で選ばれて取り付けられました。

消毒室には入らない

消毒室は診察室に面しています。診察室は子ども達が歩き回るので、どこへ動いても見守れるように目隠し隔て板がなく、開放されたスペースになっています。診察室は開放されていても、消毒室には出入りされたくありません。そこで何らかの扉が必要でした。

腕で押せる

衛生士さん達が診療器具を持って往来するときに、引き戸や開き戸の扉があると扉の取っ手を掴んで引くか押さないと扉は開きません。両手に器具を持って往来する場合は、扉の取っ手を持って押したり引いたり出来ません。すると行儀は良くありませんが、腕で押し開き、歩み進み入れると便利です。さらに扉が片方ではなく、どちらの方向にも開く方式が望ましいということになりました。

空調環境を開放する

消毒室自体は約3帖半程度の広さです。独立した部屋にすると、個別の空調エアコンが必要になります。人の出入りは頻繁なので、診察室の空調エアコン環境を引っ張るように排気換気扇を設けて、出入り口は空気の流れを止めないようにフタをしないことにしました。

上記のような条件を成り立たせるためには、両開きで手前にも奥にも開き、固定されずに、開くと元どおりになる、スウィングウェスタン扉が最適と選ばれて、取り付けられました。

space-white

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ