調剤薬局店舗の出入口窓の目隠しブラインド

開局時は中が良く見えるように

大磯の調剤薬局「ことぶきや薬局様」の建物正面にある出入口自動ドアは上部ランマ窓、左右両側窓は透明なガラスにされて、薬局営業中は内部が良く見えるようにされました。

内部が良く見えることで、入店する前から中の様子が見られるので、抵抗なく進んでいただくためです。

閉局時の表現

出入口の開口窓にはシャッターはないので、閉局時には内部側にブラインドを取り付けて、それを下ろしておくことにしました。

来局されようとする方への閉局時のサインです。

開口面積が幅広く、一度に上げ下げ出来るようにされたくて、さらに少しでも羽根を動かせば外が見えるからでした。

ガラスの文字を見せる

閉局時にブラインドを下ろしておくと、ガラス面に表示した局名ロゴやその他の情報文字が良く見えます。閉局時に来られてしまったお客様にも、開局時間やサービス内容が分かるようにしました。

調剤薬局の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、調剤薬局開局や改装のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんの希望に添える確かな調剤薬局〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ