横浜二俣川の内科医院糖尿病クリニック診療所の開業内装設計工事

井上医師先生から内科医院開院のご相談をいただき、はじめに開院する賃貸場所の確認から始まり、無事開院していただけることになりました。

開院する場所のチェック確認

管理不動産会社様のご案内で、開院候補場所で内科医院を開院できるかどうかの物件確認をしました。

外部出入口の床

出入り口玄関の前後の床に段差があるかどうか、車椅子やお年寄りの方々がバリアフリーで患者様達が出入り出来るかの確かめです。

扉の開閉

玄関出入り扉の開閉方式が、

  • 自動か手動か
  • 引き戸か開き扉か
  • 板戸かガラス戸か

です。

今回は開き扉で手動による開閉で、内部側に電動シャッターが付いていました。玄関扉の開閉方式は、車椅子の患者さんやお年寄りの対応について確かめておく内容です。

今回は外部出入り口に改修できない段差があり、もう一つ段差の無い出入りできる場所があるので、車椅子の患者様はそちらからご案内されることとされました。

看板の位置

医院名を掲示する看板サインを設置する場所を確認します。建物本体で元々用意されている場所が3カ所、その他に外部壁面と出入り口ガラス戸に表示できる場所があることと、電気は使えるかどうか、照明は必要かどうか などを確かめます。

天井高さ

天井高さは内装に影響が及びます。

  • 部屋全体が広いか狭いかの感覚
  • 天井に設ける設備の取付け自由度
  • 床下配管を必要とする場合の床の扱い

などで、高ければ高いほど有利です。靴を履いたまま出入りする場合は、理想は2.5メートル以上の天井高さが欲しいところです。

今回の候補場所は、2.6メートルありましたので、充分な高さがありました。

水廻り配管位置

トイレや消毒台で使用する水道と排水の配管は、床下に設けられます。またそれらの配管が部屋のどこから取り出されているのかによって、配管に必要な床下スペースの高さが定まってきます。

床下配管の内容によっては、床の高さを上げなければならなくなるときがあります。すると天井の高さが低くなるのと、出入口玄関に段差が出来てしまうので、出来れば高さの低い床下配管で済むように設計しています。

既存の内装状況

新たに行う内装工事では、出来るなら既存の内装を利用して行って、工事金額を抑えたいところです。

今回は天井と床の下地を継続して利用できることが判りました。

  • 天井の下地とは、天井板を貼るための、上階の床から吊り下げられて、井桁に組み立てられた角材。
  • 床の下地とは、床の仕上げ材を貼るための平らな面材。

の、ことを言います。

室外機置き場

既存部分には天井に空調エアコンが常備されていて、そちらを間取りプランに合わせて移動して継続利用することにしました。

現場確認の結果、既存の部分では、内科開院にあたり、支障となる部分は見つかりませんでした。そちらを医師先生に報告しました。

間取りプラン検討して確かめる

既存のテナント部分のプランを描き、医師先生の診療方針をお聞きして、間取りプランを検討しました。検討した間取りプランを医師先生にお見せして、診療方針に必要な諸室はこのテナント部分に入ることを確かめました。

医師先生はそこで、今回候補の場所で開院する方針を定められました。そして賃貸に関わる条件交渉を始められ、当方も本格的な間取りプランの検討に入りました。

内科の間取り平面図

医師先生から詳細な診療方針を教えていただき、

  • 診察室の数
  • 患者様の診療の流れ
  • 必要諸室

をお聞きして間取りプランを作成します。もちろん初めの方針が後に修正されたり変更されたりすることは良くあります。

はじめに既存の水廻り(トイレ・ミニキッチン)を壊さずに継続利用する方針で検討しました。水廻りを壊さないのは、内装工事費を抑えるためでした。

内科医院クリニック間取りプラン平面図

しかし、医師先生にとっては多少妥協点が残る間取りプランとなっていて、既存の水廻りを解体してできるプランも作成しました。

内科医院クリニック間取りプラン平面図

結果として、医師先生にとっては理想的な間取りプランに近づいたため、既存の水廻り設備を解体して内装工事を行う方針にして、間取りプランは完成しました。

内科医院クリニック間取りプラン平面図

賃貸契約

内科の医院を開院できる確認と、間取りプランの検討を進めたことで、医師先生にとって開院する場所としてのご納得は出来ていたので、賃貸業務契約が結ばれました。

設計業務契約

賃貸業務契約が結ばれた直後に、正式な設計業務契約を結んでいただきました。本来であれば、この設計業務契約を結んでいただいた後に間取りプランの作成が始まりますが、賃貸契約と設計業務契約までの期間が非常に短かったので、事前に結ばせて頂く 仮設計業務契約を結びませんでした。

正式な設計業務契約の前に、複数の条件整理がある場合で、さらに間取りプランなどが無いと計画自体が進まないと判ったときは、仮設計業務契約を結んでいただいて進める場合があります。

内装工事費の試算

間取りプランが定まっていたので、内装工事費を当方で試算しました。飽くまでも試算であるので目安と捉えていただきました。(後の工事金額見積とは、ほぼ同額にはなっていました)

銀行融資相談

医師先生の自己資金も含めて、開院計画の費用を確かめるとともに、全部を自己資金では賄えないことを医師先生からお知らせいただいたので、銀行金融機関に融資の相談をするための資料を取り揃え、相談をしていただきました。

内装設計

間取りプランが定まった後に、内装の設計が進められました。

  • 内装仕上げ
  • 扉の開閉方法
  • 造作の使用方法や寸法(受付カウンターやカルテ収納棚)
  • 備品の位置使用方法(カーテンやベッド、椅子の寸法)
  • 電源コンセントの位置
  • 照明器具配置
  • 通信設備配置
  • 空調エアコン配置
  • 換気方式と機器設備配置
  • 水廻り設備の機器と配置
  • 消防設備配置
  • 看板の表示内容

を、まとめました。

内装設計にあっては、医師先生と数度の打合せを重ねて、まとめられています。

受付カウンター

来院された患者さんの受付と診察を終えた患者さんの精算を行うカウンターは、出入口を入った直ぐの所に設けられました。

診療時間中は受付と精算が重なる場合が多くあるので、複数の患者さんに応対ができるように、カウンターの形をL字型にしました。カウンターの高さは床から110センチにして、患者さんがカウンター内を簡単に覗き込めないようにしました。

内科医院診療所クリニック受付カウンター

また、受付内に居る職員さんが、待合椅子のある場所への対応が必要になる場合を想定して、カウンターの端に出入りできる部分を設けました。

受付カウンター背面壁面収納棚

受付カウンターの背面には、壁面収納を設けました。

この収納棚には書類を収める予定で、茶色の棚の下部はあえて開放して、既製品の引き出し型の書類ケースを並べて置く場所にされました。

カルテは電子カルテを採用されて、大量になる書類は無い前提で計画されました。

扉は引戸

部屋と部屋を区切る扉は、できる限り引き戸にされました。

糖尿病内科医院診療所クリニック診察室

引き戸は開閉する場合に前後のスペースに向かって扉が開かないので、省スペースには有効な方法です。しかし、引き戸が左右どちらかに引戸全部がスライドできるスペースは必要になるので、間取りプラン上の制約ができることは理解が必要です。

また最近の引き戸は、ほとんどが上部のレールから吊られる形式が多く、下部床にレールなどの段差が無くなり便利になりました。

さらに引き戸が閉じる際に、枠に指が挟まれないようなストッパーが開発されて、枠に引き戸が近付くとどんなに早いスピードで閉められてもストップが掛かってゆっくりと閉まる機構になっていて安全です。

車椅子トイレの二連引戸片開き扉

トイレは男性用小便器のトイレと、車椅子の方も利用できる大便器のトイレが設けられました。

ただし、車椅子が利用できるトイレの出入り口の扉は、一枚の引戸を開閉する間取りは困難だったので、二枚の引戸が連続して開閉する扉が選ばれました。さらに二枚の引戸は片開きに開く扉と連続しています。

糖尿病内科医院診療所クリニックトイレ

糖尿病内科医院診療所クリニックトイレ

糖尿病内科医院診療所クリニックトイレ

糖尿病内科医院診療所クリニックトイレ

糖尿病内科医院診療所クリニックトイレ

健常者の方が出入りするときは二連の引戸だけで開閉し、車椅子の方が出入りするときは全開できる優れた製品です。

扉三枚は全て上の枠から吊られていて、下部床にはレールなどの凸凹はなく、平らです。

検尿コップ入れ

受診される患者さんほとんどは、はじめに尿の検査を受けます。採尿の紙コップが渡されて、トイレで採尿します。そのコップ容器をトイレの壁にあらかじめ扉が付いた採尿口に出していただきます。

扉は二重になっていて、扉板はスリガラス状の半透明のアクリル板で、手前の扉を開けて置いたコップは扉を閉めると薄っすらと見えますが、壁の反対側の様子は見えません。

検尿コップ窓扉糖尿病内科医院診療所クリニック

検尿コップ窓扉糖尿病内科医院診療所クリニック

検尿コップ窓扉糖尿病内科医院診療所クリニック

検尿コップ窓扉糖尿病内科医院診療所クリニック

検尿室の汚物流しをトイレと兼用

採尿されたコップ容器を受け取って検尿したら、尿は汚物流し器に流します。

汚物流し器は「座れない便器」なので、座れる大便器を取り付けてスタッフ用トイレと兼用にしました。

汚物流し

検査室とスタッフ用トイレを兼用させて、スペースとコストを縮小させることが出来た医師先生のアイデアです。

工事金額見積依頼

設計図の作成がまとまって、設計図を工務店さんにお渡しして工事金額のお見積りをお願いしました。工務店さんは、様々な方面からのご紹介や推薦の方で、

  • 融資金融機関紹介
  • 医師先生の先輩紹介
  • ネットで探した近隣工務店様
  • 北島の推薦(医師先生のご依頼を受けて)

の皆様にご協力をいただきました。

工事金額査定

作成していただいたお見積内容を確認します。設計図の内容に対して、

  • 見落としていないか
  • 重複していないか
  • 内容を間違えていないか
  • 金額単価が異様に高いもの安いものはないか
  • 内容が「一式」として詳細になっていないか

などを確認します。

内容が良ければ、総額の金額的な比較を医師先生にしていただき、工務店様を選んでいただきます。

内容に問題がないときに、金額の安価な工務店さんが選ばれることが通常ですが、稀に金額では選ばれないときもあります。

工事契約

工事金額見積の内容査定と金額の比較によって工事者様を医師先生に選んでいただくと、すぐに工事会社様に連絡して、工事請負契約の締結の準備をお願いしました。

契約書と約款と収入印紙

工事請負契約は医師先生(発注者)と工事者様(受注者)の間で結ばれます。

  • 双方の氏名・住所
  • 工事する内容(場所と内容=設計図)
  • 工事金額
  • 工事期間
  • 工事代金の支払い時期
  • その他の取り決め(約款)

を、双方確かめます。

約款は、工事の内容の他に、主に工事に関わることで支障ができたときにどのように処理解決するかを明示してあります。双方に公平なものでなければならないので、今回は「民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款」が利用されました。「建設業界を代表する7つの公益/一般社団法人が集まって対等で公正な工事請負契約」を結ぶために作成された書面です。

収入印紙は、正式な書面毎に金額に応じて貼り付けます。印紙が他にも使い回され利用されないように印鑑を印紙の端を越えるように押印することで示します。割印と呼ばれます。印紙の金額は、工事請負契約については平成32年3月31日までは減額措置が採られています。(設計業務契約は採られていません)

工事代金の支払い時期

工事代金は可能ならば、工事の進捗に合わせてお支払いを希望したいところですが、支払い手続きの煩雑さもあり、両者の都合で決められることが常です。今回は3度(工事着手時、中間時、完成時)に分けて支払われることになりました。

工事期間・完成時期

医師先生の開院の時期に合わせたいところですが、強引な短い工事期間は内装工事の出来上がりの品質を悪くします。それは回り回って医師先生の得にならず、必ずと言っていいほど上手く行きません。

約款の説明

工事契約に記載された工事の内容・金額・期間に支障が出た場合の、予想される支障内容が起きてしまった場合、どのように解決するかが記載されていて、その内容を工事者様より医師先生に説明しました。

双方、内容ご確認され、契約書に記名・押印がされて、契約が結ばれました。

内装材を決定する

工事契約が取り交わされた直後、工務店様から内装仕上げ材のサンプルの提示があり、材料仕上げが選ばれて、各々医師先生が定められました。

建具扉

はじめに扉の色が選ばれました。これは工事の作業順序からして、天井の中の空調機械や設備配管が済んだ後に、壁の下地が組まれ、その後すぐに扉の枠が取り付けられ、その枠を材料を貼り始める基準に壁の板が貼られて行くので、内装仕上げ材料として実物が見えるモノの中で一番初めに取り付けられる材料です。材料の手配の都合から、はじめに決めていただく部材です。

今回は濃い茶色の木目(ウォールナット調)が選ばれました。

床・壁・天井

そこで、扉に同調する床材や壁材を調整して選んでいただくことにしました。床は建具に近い茶色、壁はクリーム色に定められました。

天井は吸音材を選定したのと、部屋を明るくするためにも、白色が選ばれました。

受付カウンター

これも扉と連なるモノとして、同色の木目材料が選ばれました。

工事着手

工事は既存の内装の状況や継続して利用する部材により順序がきまります。

解体工事

はじめに既存テナントを内装工事で変更する床・壁・天井の材料を撤去します。引き続き利用する下地や仕上げもあるので、解体専門の職方さんでなく、造る職方さんに解体していただきます。

天井の既存換気扇とエアコンを継続利用する

解体が始まると、はじめに天井に付いている照明器具や空調エアコンなどを継続利用するので外されました。次に天井板材が取られました。すると、天井裏のダクト配管や電線配線が見えます。

既存の器具を継続利用する空調エアコンや換気扇が再取り付けできることを確かめました。

壁に鉛

天井の解体が進んで、壁に移ると、ある一面の壁に鉛の板が組み込まれていました。前回この賃貸テナント部分を利用していた方も医院の方で、こちらがレントゲン室の1面の壁だったことが伺えました。鉛板の除去は想像以上に難しく多少の手間が掛かりました。

床壁下地

今回の内装工事は、床の下地、天井の下地を既存のものを利用出来たので、壁を立てることから始まりました。

壁は板を立てる前に、板を貼り付ける小柱を約45センチ間隔で立てて、その中に扉の枠が取り付けられて、そちらを基準に畳1枚の大きさの板を貼り付けていきます。

扉の枠と石膏板材が貼られた状況

床下配管

トイレや消毒流し台の水廻り設備機器は、床下に配管された給水管や排水管を床上に立ち上げて機器に接続されて利用されます。今回は元々トイレがあった場所の近くにトイレや消毒流し台の設置を計画していたので、既存の床を全部はがさずに部分的に開けて配管を行うことで、機器設置ができました。

既存の床下配管の場所は不明でしたが、元々の設備機器の近辺で新たな機器を設ける計画にご理解をいただけたことは、床のやり直しの工事を縮小できたり、床下配管の付け替えを最小限にできたので、工事金額の抑制と工事期間の短縮につながりました。

壁板材の目地処理

壁の板材は畳1枚の大きさで、これを貼り合わせていきます。板と板は連続させて大きな面になる様にしますが、板と板とは固定されていません。この板と板とをつなげて広い面にするために、隙間に石膏を水分で溶かしたパテを塗り込んで、一枚の板になる様にします。この状態が下の写真で、板の周囲とコーナーに塗り込められます。

このパテの乾燥を待っている間に、床の仕上げ工事が進みました。

床材

既存の床材のカーペットタイルを取り除いて、ビニール製のシート材料を張り込む作業が始まりました。シートは完成すると目地のない床になり、ホコリや水分が染み込まないので、掃除がし易く、また汚れも目立たない色を選ばれました。

シートは部屋の形に合わせてカットし、数ミリの隙間を設けて床に接着剤で張られます。数ミリの隙間は、ヒモ状のビニール素材を高温で溶かし、両側のシートを溶接する様に繋げます。ハンダゴテ溶接の様な要領です。溶けて膨らんだビニールは最後に削ぎ落として平らな床になります。

壁仕上材貼り

床の仕上げが完了すると、壁のパテの乾燥を確認して、壁の材料が貼られました。今回はほとんどがビニールクロスの壁紙です。

造作家具取付け

設計図に基づいた製作図が描かれ、

  • 現地の壁や天井の寸法
  • 各部の仕上げ材の品番
  • カギや蝶番や取っ手などの金物

について、実寸法や品番が記入されている図面で、関係者皆が確認を行い、制作に取り掛かっていただきます。

造り付け家具自体は工場で組み立てられ、現地に搬送されて、取り付けられます。

照明・設備器具取付け

天井が張られたと同時に、天井の

  • 照明器具
  • 換気設備機器
  • 空調設備機器
  • 消防設備機器

が取り付けられました。

器具はすべて既存に取り付けられていた器具で、再配置したものでしたが、運良く新たな間取りにでも再利用できました。

扉取付け

床壁の仕上げ材が済んだ頃合いで、扉が取り付けられました。

扉があることで、床壁の仕上げの作業に邪魔になってはいけないので、この順番になります。

吊り戸棚

収納として各所に取り付けられました。書類や消耗品の在庫収納として利用されます。

糖尿病内科医院診療所クリニック診察室

カーテン

診察室や検査室の仕切りや診療ベッドの周りにはカーテンが吊るされました。上下の部分は充分な空きを作り、空気の循環がよくなるようにしてあります。

糖尿病内科医院診療所クリニック診察室

防犯カメラ

医師先生は防犯のために受付カウンター周辺の様子を録画しておくカメラを天井に設置されました。

  • カウンター周辺の防犯
  • 診察券や金銭などの授受の確認
  • 携帯品の忘れ物

のために無線方式のカメラを設置しました。

開院のお知らせ

新しく開院をするお知らせを外壁のガラス面に内側から紙を貼られました。紙は医師先生が作成されて貼られました。

道行く方々に目に届くので、良く目立っていました。

看護師さん職員さんの面接

工事中の一室を整理して、開院時から働いてくださる看護士さんや事務職員の方々の面接が行われました。あらかじめ工事中に医院の一部を利用して行いたいと医師先生からお願いをされていたので出来ました。

看板サイン

医院の看板は、医師先生のご意見をいただいて案を作り、まとめたデザインを先生に見て頂いてご意見をいただいて修正を何度も重ねてまとめられました。

  • 患者さんにとってよく分かるもの
  • 単純な表示
  • 目立つ色彩

を念頭に、糖尿病のロゴデザインの色彩を取り入れた水色を地にして、必要最小限の表示看板にされました。

看板サイン糖尿病内科医院診療所クリニック

家具搬入

造作家具が工場で製作されて現場に搬入され、取り付けが終わり内装工事が完了しました。

保健所申請

診療所の開設届は、保健所(今回は横浜市旭区保健所)に提出します。申請自体は医師先生が行われました。

当方からはクリニックの内装平面図をお渡しさせていただきました。

その他は医師先生の情報がほとんどで、もし医師先生が普段の日中、保健所への往来の時間が自由に確保できる場合は、医師先生が行う方が明解です。

医師先生が診療で時間が確保できない場合には、当方が医師先生の代わりに事前相談から行っています。

厚生局申請

保険診療を申請する厚生局への届け出は、診療所開設届の保健所受理後、受け付けられますが、これは事前協議から医師先生ご本人様が参られるのが、医院の事情も分かりやすいのでそのようにオススメしています。

診療器具

開院当初から全ての診療器具を揃えることはしないで、開院後 必要に応じて順次整備していく方針にされていたので、設置しようと考えられる位置に、アース付きのコンセントを設けました。コンセントを後から設けようとすると、配線が壁面や床面を露出配線しなければならなくなり、壁や床に出っ張りが出来て使いづらくなるために、あらかじめ壁面内部に配線しておくことにしています。

開院準備

看板と最後に追加でお願いされた収納棚を残して、開院の準備は進められ、ホームページも公開されました。

開院

工事着工から約2カ月が経ち、「いのうえ内科・糖尿病内科クリニック」様は無事開院されました。工事スケジュールは決して余裕のあるものではなく、開院に向けて様々な調整をされて実現されました。

  • 既存内装解体後、時間の掛かるものが発見されたこと
  • 工事中に夏のお盆休みがあったこと
  • ひとつの工事種類だけ繁忙で納入に時間が掛かったこと

工事期間の設定は出来る限り余裕を持ったものにすると、工事の品質も上がり、確認作業の上に進められるので、間違いや手直しが少なく済むことが分かります。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ