糖尿病内科クリニックの間取りプラン平面図

間取りプランのご希望と条件

横浜の「いのうえ内科糖尿病内科クリニック」様の間取りプランの作成にあたり、医師先生から診療方針についての詳細と間取りプランのご希望を教えていただきました。

  • 診察室の数
  • 患者様の診療の流れ
  • 必要諸室
  • 待合スペース
  • 受付
  • トイレ(車椅子の患者様も利用できる)
  • 採血室
  • 検査室(尿の検査など)
  • 診察室×2室
  • 消毒台コーナー
  • スタッフルーム

条件:既存の水廻り設備は移動しないで継続して利用する

ご希望と条件をいただいて間取りプランを検討します。当然のことながらはじめにいただいた方針内容が後に修正されたり変更されたりすることは多々あります。

内科医院クリニック間取りプラン平面図

条件の「水廻り設備は移動しない」は、

  • 工事費を安く抑える
  • 工事期間の短縮

を考慮した結果です。

間取りプランの検討の条件を変えてみた

間取りプランの条件である既存の水廻り設備=トイレ・ミニキッチンの場所を変えないプランを検討しました。自由に間取りを考える場合と比べて、固定された条件がある場合は、明快にプランが決まる場合と中々定まらない場合とに分かれます。今回は水廻り設備が医師先生が希望されるエリアにあったので、プランは明確に検討できました。

内科医院クリニック間取りプラン平面図

しかし医師先生の感想は、部屋の構成は満足しているが、検査室周囲が広すぎて、他の部屋を少しずつでも広くしたいというご希望でした。

そこで、必要な部屋の構成は変えないで、既存のトイレを移動する条件に変える間取りプランを検討しました。

内科医院クリニック間取りプラン平面図

その結果、既存のトイレを移動しないプランよりも医師先生にとっては理想的な間取りプランに近づいたそうです。

良くなったポイントは、

  • 患者様の動線とスタッフの動線が交錯しない
  • 尿検査のトイレ⇄検査コーナー⇄処置室⇄診察室 が隣接している

そこで今回は既存のトイレを解体して移動する内装工事として、間取りプランは完成しました。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ