糖尿病内科クリニックの検尿コップトイレ受付窓口

横浜の相鉄線二俣川駅「いのうえ内科・糖尿病内科クリニック」様に来院される患者様は、受付を済まされると大半が尿の検査をされます。

受付で採尿の紙コップを受け取って、トイレに入ります。

検尿コップが入る窓口

トイレ内で採尿され、尿の入ったコップを検査に出します。

トイレ内にはコップを差し出す窓口が取り付けられています。窓口には扉が二重に付いていて、扉はすりガラスのような不透明のアクリル板です。扉を開けてコップを窓口に入れます。

検尿コップ窓扉糖尿病内科医院診療所クリニック

検尿コップ窓扉糖尿病内科医院診療所クリニック

検尿コップ窓扉糖尿病内科医院診療所クリニック

コップが見えて隣室は見えない

扉を閉めると、コップ自体はアクリル板扉の直近なので、その存在は確認できます。

窓口の奥にはもう一枚すりガラス状のアクリル板扉が付いていて、奥の部屋は見えません。

都合、扉はすりガラス状の2枚で、反対側の様子は全くわかりません。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ