歯科医院移転内装工事の上足下足で靴を滅菌スリッパに履き替える

既存の医院はスリッパで上足

大森の森川歯科医院様は入居していた建物が建て替えになり、退去移転をすることになりました。

既存の入居していた場所では建物の構造上と歯科機器設備の床下配管の関係で、院内の床は入り口アプローチから約20センチ上がった床で、その段差を利用して下足からスリッパに履き替える方式を採られていました。

医院を移転するの場所も入り口アプローチの床の高さから院内の床は既存とほぼ同じ高さの20センチ上がった床にする必要があったため、移転先の医院も入り口で段差を付けて、こちらで下足から上足スリッパに履き替えていただく方式にされました。

床がどうして上がるのか

歯科医院の内装で、玄関からどうして床が一段上がるのかという素朴な疑問を投げかけられることがあります。

それは診察室の床下に、水道と排水と圧縮空気 他の管を設ける必要があるからです。

水道と排水と圧縮空気他の管が必要な診療器具が壁の無い床の上に独立して設置されるために、床下にそれらの管を設置しなければならないからです。

もし診療器具を壁に設置したり、必要な管を床の上に設置することが出来れば、床全体を上げる必要はありません。

また、建物の構造の床が入り口の床の高さから20センチ下がっていれば院内の床は入り口の高さと同じ高さにすることが出来ます。

スリッパに履き替えるメリット

入り口玄関で下足をスリッパに履き替えるのは患者様にとって面倒な所作ではありますが、メリットもあります。

それは、

  • 院内の床が汚れない
  • リラックスした状況になる
  • 天井が高く感じられる

などがあります。

内部が汚れない

下足を玄関で上足に履き替えるメリットの一つは、外部の土やホコリを下足裏に付けて運び込まないことです。周辺環境が舗装されて汚れていない地域であっても多少のチリは運び込まれてしまいます。周辺の土やホコリが入り込まないようにするためには、上足に履き替える方式を選択する方がメリットがあります。

リラックスした状態になる

下足を脱いで室内に入られると、多少でも下足の圧迫から解放されてリラックスできる状態になられるようです。足音のゴツゴツ感もなく、治療に専念してくださる気持ちを手助けしてくださるようです。

天井が高く感じられる

下足の底には多少のカカトを上げる素材が付いていて、裸足より数センチ身長が高くなります。そのまま入室されると裸足より天井は低く感じられます。

上足になってくだされば、多少でも天井は低く感じられ、院内が広く感じられます。

滅菌照明付きスリッパ入れ

入り口玄関には段差を設けて、履き替えていただくスリッパは滅菌用収納箱を用いて納め、すぐ横に下駄箱を設けました。

段差の下段の床は医師先生が選んだ「阿波の青石」が貼られ、上段の床にはジーンズ地のタイルカーペットが敷かれました。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ