歯科医院移転内装工事のX線室放射線遮蔽扉を引戸

省スペースの工夫

東京大森の森川歯科医院様の移転計画で、移転先のテナントは既存の場所よりも多少狭くて、間取りプランでは部屋の無駄な部分を無くしたりスペースを兼用させる工夫が必要でした。

X線室の放射能遮蔽

放射線を利用して歯型他を撮影するためのX線室は、放射線の漏洩を防ぐために鉛板で隙間なく囲う必要があります。患者様が出入りする扉部分も鉛板が仕組まれたもので作られます。

鉛板を隙間なく連続させるために、扉の構造上 開き戸にするのが確実なので、通常は鉛入り扉は開き戸にされています。

引き戸の採用

森川歯科医院様の間取りプランでは多少でも省スペースを実現させるために、可能な限り出入り口の扉を引き戸にされました。上から扉を吊って動かせる金物が一般的になったために、下部のレールが不要になり床に段差がなく、左右に動作する際のガラガラ音もなくなりました。

開き戸の場合は扉が回転するスペースが必要で、引き戸はそのスペースが省けます。ただし引き戸は引き込む部分のスペースが必要になり、単純に全ての開閉部分に採用ができない場合もあります。

省スペースのために放射線遮蔽扉を引き戸にする

そこでX線室の扉も引き戸にされました。放射線の遮蔽をするために引き戸自体はX線室側内部にあります。

扉に鉛板を仕込み、固定枠にも鉛板を仕込んで製作し、鉛板による放射線遮蔽を連続させます。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ