医院待合室の個別木椅子「たためる椅子」に合わせた内装インテリアデザイン設計図

名古屋市北区の心療内科「平安通クリニック」様の内装設計では、間取りプランが定まったころ、その待合室に置く患者さん用の椅子について、医師先生から設置したい椅子があると打ち明けられました。

吉村順三氏設計の「たためる椅子」

医師先生が待合室に設置されたい椅子は、建築家 吉村順三氏が設計した「たためる椅子」という木のフレームの椅子でした。この「たためる椅子」は同じく吉村順三氏が設計された「八ヶ岳高原音楽堂」の観客の椅子として設計されたものです。医師先生はこの椅子を好んでおられて、「待合室にふさわしいかどうか?」とご相談をいただきました。

待合室に置く椅子として

  • 個別の椅子であること=長椅子に比べて意外にも多く座ることができる
  • 椅子と椅子の間隔を状況に応じて定めることができる

ので、相応しいと即答しました。

医院待合室たためる椅子

椅子を基調とした内装仕上げ

そこで、待合室の内装インテリアを、この「たためる椅子」を基調としてまとめるのはいかがでしょうか?と、医師先生に提案したところ、快く快諾していただいて、検討しました。

「たためる椅子」は、木のフレームに布の座と背の構成です。

内装の印象を作る壁と天井を白色にして、「たためる椅子」の木目調の材料をインテリアに散りばめました。

医院クリニック内装インテリアデザインパース
設計中の完成予想パース

木目調の材料は「患者さんが使うもの」に絞り、

  • 受付カウンターの天板
  • 診察室やトイレの扉
  • 通路の壁面照明

に色調を揃えて使用しました。

心療内科精神科医院診療所クリニック待合室受付

シンプルに抑えながらも木目の暖かみで統一された待合室になれました。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ