医院クリニック待合室の椅子家具選び@精神科心療内科

精神科医院の待合室は、患者様にとって会話もしないで個人で居る時空間で、座って体を預ける椅子は長い時間触れるものです。待合室の椅子はその置き方から家具の種類まで、慎重に検討して選ばれました。

視線が合わない椅子の配置

待合室でお待ちいただく患者様の数は、様々な状況から多人数になってしまうことが予想されました。そこで待合室を可能な限り広くしました。そしてお互いの行動が気にならないように、さらにお互いの視線が合わないような椅子の配置を選ばれました。

160610-shinyoko-p設計中の白黒パース

各個人のプライベートを重視した一人掛け家具

多人数の患者様に待って貰えるには、論理的には長いベンチ状の椅子の方が多く並んで座ることができますが、実際には肌が触れ合う様に詰めて座ることは敬遠されてしまいます。そこで各個人のプライベート感を重視して、一人で座る椅子家具を用意することにされました。

161009-sinyokohamamc-135-chair

リラックスを心がけたソファ

隣り同士が体も視線も重ねることのないように、待合室の広さや形を整えることが出来たので、各椅子家具も各々が包み込まれるようなソファ型の椅子家具が選ばれました。ただ端には付き添いやご家族と一緒に来院される患者様もいるので、同じ型で2人掛け、3人掛けのソファも選んでいただきました。

インテリアと一緒に検討

椅子家具の色調は、待合室のインテリアデザインに合うものを選んでいただきました。今回はインテリアデザインが落ち着いた暖色系の素材と色調なので、黒のレザーが採用されました。

161009-sinyokohamamc-109-receotion4

space-white

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ